2012年04月10日

20120225 四万十市にて(1冊)

1.『四万十川の魚図鑑』(大塚高雄・野村彩恵・杉村光俊,ミナミヤンマ・クラブ株式会社,2010)[高知県]

 四万十川に生息する魚、約100種類が掲載・解説されています。
 解説も生態だけでなく、種類によっては、郷土料理、漁の方法なども書かれていて、写真は、水中での姿をフルカラー載せています。
 印刷がキレイなのが、大変良い。

 上流は、10種。目を引いたのは、アマゴを使った料理「アマゴ飯」。
 写真のみで、どういうものか分かりませんが、見ため、頭付きのアマゴを何匹も入れた炊き込みご飯。美味しくなさそう・・・。
 あと、ヨシノボリ類が4種続けて載ってます。なんか面白い。
 中流は、30数種。ここは、ウグイかな。「ウグイのイタチ漁」。イタチの毛皮を棹の先につけ、岩陰に潜むウグイを追い出し、刺し網で捕獲する漁法(ウグイがイタチのにおいを嫌うかららしいが・・・)。
 アユは「アユのせごし」。ぶつ切りにしたアユの料理。これもどうだろう?「アユめし」は美味しそうだけど。
 へえ、高知でも「ゴリの佃煮」とかあるんだ(金沢の郷土料理でもある)。
 下流域は、60数種。下流から汽水域を含むため、海の魚も多く掲載されてます。
 これだけ種類があっても、ここの主役は、やはりアカメ。ページ数も他の種に比べ多くなっています。
 写真は、なかなか迫力がありますねえ。名前通り目が赤く、体型も厳ついし。
 見かければ、買っても損はしないと思います。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2012年04月05日

20120304 横須賀市にて(5冊)

1.『干潟の生き物 展示解説書 10』(萩原清司,横須賀市自然・人文博物館,2012)[神奈川県]

 特別展示「三浦半島の干潟」のための解説書。
 A5、36ページ。基本的に子供が、読んでも分かるように作られています。
 干潟に関わる用語の解説、生物の大きさを表す言い方と範囲(カニは甲長、貝は殻長・殻高・殻幅など)とかの基礎部分から、干潟の主要生物の写真や解説など、なかなか面白い。
 買ったら、この特別展のポスター貰った。

2.『相模湾の魚のふるさと -黒潮の流れにのって- 特別展示解説書 5』(,横須賀市自然博物館,1997)[神奈川県]

 相模湾には、約1000種の魚類がいると言う。そのうち、南西諸島、奄美諸島から回遊してくる種は、ここが北限となるようだ。
 この本では、相模湾に生息する魚を中心に一部南西諸島等の魚を紹介している。
 ざっと100種以上の魚の写真がカラーで載っています。もう少し鮮明な印刷だったらよかったのに、とは思うのですが、それでもなかなか興味深い。
 スイって魚の形がすごくきれい。ホムラハゼもかっこいい。

 表紙では「特別展示解説書 4」となっているが、この項のタイトルでは、奥付けに拠った。
 
-----以下、無料本----
3.『芦名周辺サンゴ類生息状況調査報告書』(,相模湾海洋生物研究会,2000)[神奈川県]

 横須賀市自然・人文博物館の委託調査の報告書。
 この本の内容は専門だと面白いんだろうな。
 なので、ぱっと見て思ったこと。
 サンゴの写真が結構載っていて、形はすごく面白いんだけど、モノクロ・・・。

-----以下、無料パンフレット----
4.『神奈川県立公文書館 被災公文書レスキュー』(,神奈川県公文書館,2012)[神奈川県]

 A4、両面のリーフレット。
 陸前高田市の被災した公文書の復元を支援したそうで、その報告。
 ドライクリーニングをかけ、ページ固着を解消し、乾燥・金属除去(多分、錆防止)、殺菌、製本。
 大変そう。
 作業中の職員(隊員)の姿が、漫画的に描かれている。
 ゴーグル。マスク、エプロン、アームカバー。
 結構可愛く描けているなあ。実録4コマ漫画にすると・・・。


5.『極 No6 2012 春号』(,国立極地研究所,2012)[南極]

 今年って、南極100周年なんだ・・・(白瀬中尉上陸100年、アムンゼン南極点到達100年)。
 で、巻頭は、研究所長と野口健氏の対談。
 次に、「極の先端研究」として、潜水動物の生活の解説。
 マグロって時速7〜8キロしか出ないんだ・・・。そう言うのが、分かるようになったという話。
 見開き漫画が載ってる。
 「きょくまん」・・・内容は、プロゼクトX的なものだが、そのタイトルは・・・。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2012年02月22日

20120208 買った本(2冊)

1.『占いと中国古代の社会 発掘された古文献が語る /東方選書42 』(工藤元男,東方書店,2011)[-]

東方本(一応、言ってみた)。
何せ、戦国時代の竹簡が、出土するのが凄い。

出土した「日書」(楚国で生まれた占卜書)が、戦国から秦漢帝国において、どのように広がって行ったか、その影響はどうであったかを明らかにした本。
「日書」を始め、当時の卜者のことなど、興味深い。

以前から、「日書」というものがあるとの知識は、持っていたのだが、主要な興味と知識が唐代偏重のため、ちゃんとした資料など見ることが無かった。
いや、これは面白いわ。
睡虎地秦簡(秦の領土だった睡虎地の墓から出土した竹簡)の日書に書かれている標題が、そのまんま「日書」だったのは、何となく笑えた。



2.『オオカミの護符』(小倉美惠子,新潮社,2011)[-]

筆者の川崎市の実家にあった、オイヌさまのお札から、それの背景にある信仰世界を旅してゆく。

オイヌさまのお札が色々あるのは知ってるし、いくつかは見てきた。
今までは、通り一片の興味しか持ち合わせなかったけれど、この本のように、それを深く見せられると、やはり、関心がわく。
オイヌさまの本で「たまプラーザ」とかの駅名を見るとは思わなかった。
次には、多摩川を遡り武蔵御嶽神社へ、猪狩神社へ、と、道は三峯へ続く。
久し振りに秩父を回りたくなってきた。
いや、アレの聖地巡礼じゃないから。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2012年02月18日

20120205 買った本(1冊)

1.『絵馬を あるき よむ』(松本三喜夫,岩田書院,2012)[-]

 古い絵馬(江戸から戦前)を見て、そこから伺える信仰・時代を考察した本。
 扱っている絵馬数はそれほど多くなく、一つの絵馬のテーマごとに、章を起こしている(十章)。
 いずれも、今はもう、見ることのできない主題の絵馬で、第一章は、「難船図」の絵馬。
 目次で目を引いたのが、第四章の「牛鬼の絵馬のこと」。
 ああ、愛媛ならではだなあ。表紙にもこの絵馬が載っているのだが、たちの悪いムーミン風。
 面白い。
 あとは、紙絵馬(版木で刷られた紙の絵馬)の分布や成立に至る背景も興味深い。
 「間引き」の絵馬(ここで載っているのは天井絵の間引き図)もすごいなあ。
 莚に子供を挟み、上から女が押している。女の顔の先に鏡が描かれ、その中に映るのは鬼の顔。
 間引きの習慣を戒めるものらしい。
 
 もっと、実際の絵馬を載せてほしい気もするが、なかなかの労作でした。
 
 奥付けに「第1刷 800部」と書かれているのが泣ける。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2012年02月10日

20120109 富山市にて(1冊)

1.『続 石の表情 桂新書9』(京田良志,桂書房,1997)[富山県]

 北海道から鹿児島まで、筆者の目に止まった石造りのものを扱ったエッセイ。
 地蔵、狛犬、道祖神、灯籠、墓石から、石置き屋根、長細い石が一方向に並んだ海岸まで。
 1つの石につき、新書1ページ。それぞれ、写真が半ページを占める。
 写真の石もなかなか魅力的だが、筆者の短文かつ押さえた表現の文章も石への興味を静かに惹かせ、飽きない本だ。
 
 割と多く載っている地蔵に、幾つか首と胴の離れたものが有る。
 その後始末にも、色々あるのだなあ。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年12月01日

金沢市にて(1冊)

1.『立山縁起絵巻 有頼と十の物語』(米田まさのり,桂書房,2011)[富山県]

 『立山開山縁起』で立山の開山者とされる佐伯有頼を主人公とした漫画。
 元の物語にかなりの変更を加えていますので、ほぼオリジナル作品とみても良いのではないでしょうか。
 ニヒリスティックな有頼と、彼を慕う姫、なかなか魅力的です。
 ぱっと見、地方出版の歴史漫画にしては、絵が上手いなと思っていると、作者は金沢美大で日本画を専攻し、美術作家としての活動もされている人でした。
 まだ、軽く流し読んだ程度ですが、ぐっと引き入れられるもののある本でした。
posted by Oz at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年11月26日

長崎市にて2(5冊)

1.『旅する長崎学 12 U対馬 朝鮮外交への道 海神の島 大陸交流のかけ橋』(企画:長崎県,長崎文献社,2009)[長崎県]

 対馬を4つの特集から紹介していく。
 「朝鮮通信使と対馬藩」「古代の交流」「中世の交易」
 特集4は、「神々との共生」。
 和多都美神社の海上に続く鳥居、良いねえ。
 風景写真も魅力的。

 ツシマヤマネコの尾っぽ握りて〜。

-----
2.『旅する長崎学 13 V五島列島 万葉と祈りの道 海原のジャンクション 癒しの島々をめぐる』(企画:長崎県,長崎文献社,2010)[長崎県]

 私が上五島で行った所は軽くしか触れられてませんよ〜。
 旅の目的地に至っては、全く触れられず(泣)。
 まあ、いいさね。

-----
3.『旅する長崎学 14 W 平戸・松浦 西の都への道 西海に生きた武士と国際交流の足跡』(企画:長崎県,長崎文献社,2010)[長崎県]

 平戸は、平戸城周辺だけ回った事があるなあ。
 今だと生月島に行きたい。
 志々伎山も登りたい。
 この本で知ったけど、島内に5体の媽祖像があるそうだ。公開されてんのかな。
 宗教的バリエーションは一番豊富かも。

-----
4.『旅する長崎学 15 X 島ガイド 島々への道 長崎県は日本一の島王国 971の島めぐり』(企画:長崎県,長崎文献社,2011)[長崎県]

 100の島を紹介してます(県全体では971島ある)。
 どの島も良いなあ。
 海岸ギリギリにせまる杜の前に鳥居が1つ(志古島・無人島)。
 高島の神社の狛犬・・・未確認動物では?
 長崎空港に改造される前の島の写真が載っていた。
 今とは、全く違う形。2つの島塊が砂洲で結ばれる形をしている。
 初めて長崎空港を見た時は、カッコイイなと思ったんだけど、結局、良かったのかねぇ。

-----
5.『長崎游学 2 長崎・天草の教会と巡礼地完全ガイド』(監修:カトリック長崎大司教区,編:長崎文献社,長崎文献社,2005)[長崎県]

 昨年のコミケで、他のサークルを手伝った時、隣になったサークルは、五島列島への旅行記を発行されていた。
 それを読んで反省したわけさね。
 五島まで行きながら、教会には目もくれず、神社巡り。
 あまつさえ、誰にも共感してもらえないキリシタン神社、めざした自分を。
 世の中の標準であるべき、私としたことが、このありさまでは。
 で、長崎県と天草地方の教会(ペトロさん宅のみ)と殉教関係地が紹介されているこの本は今後役に立つ。
 素朴なもののから特徴的なもの、近代的なものから民家みたいなもの、138教会が載っています。

 巻末にある鋳物屋さん(教会の鐘作ってる)の広告。
 キリスト像の写真の下に、「ブロンズ像 屋外用に最適!」と。
 実家の庭に磔刑像を建ててる自分が見える・・・。
posted by Oz at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年11月25日

長崎市にて1(4冊)

1.『鯨と生きる 〜長崎のクジラ商 日野浩二の人生』(日野浩二,長崎文献社,2005)[長崎県]
 長崎でクジラ商をされていた著者の自伝(インタビュアーによる聞き書き)。
 長崎のクジラ文化(料理・祭り)、クジラ商としての活動、これからのクジラ業界のことまで書かれ、実際に鯨を生業としていただけに、面白いエピソードが色々書かれている。
 鯨の腸に付く色とりどりの寄生虫とか・・・。
 
-----
2.『復活の島 五島・久賀島キリスト教墓碑調査報告書』(久賀島近代キリスト教墓碑調査団,長崎文献社,2007)[長崎県]
 久賀島の信仰史から「牢屋の窄事件」と呼ばれる弾圧事件などが書かれ、この島での信者の墓碑230基の調査資料が写真と共に掲載されている。
 文字のみのページ以外は、カラーで写真が載っているんで興味をそそるものが結構ある。

-----
3.『鯨取り絵物語』(中園成生,安永浩,弦書房,2009)[長崎県]
 日本の捕鯨史(近世主体)を書き、「鯨魚らん(魚偏に覧)笑録」をフルカラーで掲載している。きれい。
 解説も詳しく、分かりやすい。
 他の絵物語の解説もあり、近世捕鯨の事が良く分かる。
 この本に紹介されている鯨に乗った恵比須の像を見に行きたい。

-----
4.『マンガで読むナガサキ』(マルモトイヅミ,タイピントギャラリー,2011)[長崎県]
 戦時中の話(当然、原爆含む)3話が掲載され、マンガによる語り部的な感じの本。
 プロの人が描いているだけにちょっとかわいい感じの絵で読みやすい。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年11月17日

札幌市にて(2冊)

1.『知床半島の湖沼 チームしこたんが探検した秘境世界』(伊藤正博,共同文化社,2011)[北海道]
 知床半島の65沼を訪ねて行く本。
 人も通わぬ沢をつたい、熊の出る平原を歩き・・・と、まあ、普通行かないだろう所へ行ってます。
 実際に見に行きたい気にさせる本で、約180ページ全てカラー。
 もっとシャープな印刷だとなお良かったけど。
 
 
2.『統一教会 日本宣教の戦略と韓日祝福』(櫻井義秀、中西尋子,北海道大学出版会,2010)[-]
 巻末の資料込みで600ページを超えてます。
 帯のうち、本の背の部分には、「なぜ信じるのか なぜ献金するのか なぜ結婚するのか」と。
 (正面部分には「日本は、金のなる木か!?」とも書かれてますが。)
 日本、英米での教団研究状況から教団自体の教説、組織・宣教、報道を扱った第T部。
 現・元信者の信仰史の第U部。在韓日本人信徒を扱った第V部。
 読み応え有りそう。
 経験的持論である「統一教会本に外れ無し」は、間違っていなかった。
 
 ただなあ、この本のような見方をする限り、私が渇望して止まない「信仰心」と言うものは持てない気がする。
posted by Oz at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年11月15日

CD2枚

CDも載せることになった。

-----
Love: And a Million Other Things/Claudia Brucken

Islandから1991年に出たアルバムを、CHERRY RED RECORDS が、2010年に再発。
ジャケットの色が濃すぎる・・・。オリジナル版もこんなんだった気がするけど。
あっ、何か高いと思ったら、2枚組だ。
オリジナルアルバムとリミックス集(12incサイズのボックスに入ったCDなかったけ?)。
どっちも、既に持ってるだろうと言われれば、それまですが・・・。

しかしこれは、一曲目の「KISS LIKE ETHER」に尽きるよな。良い曲だ。
PVもカッコイイんだからDVD付きで出して欲しかったなあ。

リミックス集にも、割と好きな「I,DREAM」が入ってるから、満足してます。

-----
RADIO-ACTIVITY/KRAFTWERK

日本版だからタイトルは「放射能」。
1975年発売、今回買ったのは、2009年に出たデジタルリマスター版。
放射線を扱うお客さんとずっと会議をしていた日の帰りに立ちよったCD屋で、つい目に留まって。
これについて語ると、禍根を残しそうだから、買った報告まで。

・・・・本当は、Autobahnの方が好き・・・。
posted by Oz at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年11月10日

新ひだか町にて(2冊)

1.『静内地方のアイヌ文化』(,静内町教育委員会,1997)[北海道]
 旧静内町のアイヌ文化を紹介した小冊子。カラー図版がかなり入っていて、きれい。
 アイヌの2つの勢力の境界が町の中にあったそうで、それぞれ墓標が異なるのが面白い。
 アイヌが使った植物が写真付きで載っているのも興味深い。
 この町はシャクシャインの本拠地であったそうだ。

-----以下、無料パンフ----
2.『アイヌの人たちとともに−その歴史と文化−』(,(財)アイヌ文化振興・研究推進機構,2011)[北海道]
 こちらは、全北海道的にアイヌの歴史(近代に重みを持たせている)と文化を概観しています。
 附則で、アイヌにかかわる法律の条文つき。
 簡単な入門書としては、良いのでは?
posted by Oz at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年10月15日

青森市にて(3冊)

1.『【解読】獨樂徒然集』(津軽信寿(編纂)/田澤正(監修),北方新社,2011)[青森県]
 弘前城築城を記念して、享保十六(1731)年に、藩主信寿公を始め、近臣や側室
が詠んだ和歌、連歌、狂歌、漢詩に江戸の絵師が挿絵を入れた本の復刻。
 軽妙な感じの内容で面白そう。
 
-----以下、DVD----
2.『津軽伝統人形芝居 金多豆蔵』(,(株)RAB企画,2009)[青森県]
 日本唯一の首筒式の人形芝居(指人形に見えるが・・・?)
 明治四十(1907)年に創作され、津軽の人々に笑いを提供しているらしい。
 金多と豆蔵の二人が主役で、中泊町の無形民俗文化財となっている。
 これは、その中から4幕を収録し、文科省選定になってるDVD。
 
3.『津軽伝統人形芝居 金多豆蔵 其の二』(,(株)RAB企画,2010)[青森県]
 こちらは3幕を収録しているが、3幕目(岩見重太郎の狒々退治に金多、豆蔵が
絡む)が2段に分かれるんで、最初のDVDより収録時間が長い。
posted by Oz at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年10月11日

福岡市にて(1冊)

1.『魚と人をめぐる文化史』(平川敬治,弦書房,2011)[福岡県][佐賀県]
 筑後川流域を中心に有明海までで獲れる魚介類30数種(アユ、コイ、ボラ、果てはアメリカザリガニ、クジラまで)を取り出し、古代から現在、世界の他地域で、その種がどのように扱われているかを、考察した比較文化論。
 面白そう。
 鮭神社と言うのがあるらしい・・・・
posted by Oz at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年10月09日

橿原市にて(2冊)

-----以下、雑誌----
1.『あかい奈良 2011年秋 vol.53』(,青垣出版,2011)[奈良県]
 特集:被災文化財を救う-東日本大震災を乗り越えるために
 紙資料の応急処置って、真空凍結乾燥機つかうんだ。へえー。


2.『月刊大和路ならら 10月号』(,地域情報ネットワーク(株),2011)[奈良県]
 特集:第63回正倉院展
 「香りに魅せられた権力者たち」と香木にフォーカスして扱ってます。
posted by Oz at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年10月07日

姫路市にて(1冊)

1.『姫路の祭り屋台 改定版』(神戸新聞,神戸新聞総合出版センター,2010)[兵庫県](初版は2008)
 姫路の界隈の祭りは「屋台」が主役らしい。
 各神社の神輿が、全ページカラーで沢山載って・・・神輿じゃない。
 一回りも、二回りも大きい。二本の棹に見えたが、井桁状の棹だ。
 屋根は神輿の様だが、大きさが異なる。勇壮そう。
 まあ、見に行くことはないが。
posted by Oz at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年10月03日

新潟市にて(2冊)

1.『新装版 越後の名匠 石川雲蝶』(木原 尚,新潟日報事業社,2010)[新潟県]
 江戸後期の越後で寺社の装飾彫刻に活躍した、石川雲蝶の作品を全ページカラーで載せています。
 すごいわこれは。
 手狭の波の彫刻に亀や鯉が隠されて彫られているのには、感動した。
 向拝の象の彫刻は、鼻で人間の子供(護法のイメージかも?)を巻いている。夢にでそう。
 
2.『新潟の妖怪』(高橋郁丸,考古堂書店,2010)[新潟県]
 39種の新潟の妖怪をイラストと文章で紹介。
 巻末の新潟妖怪地図では110種の妖怪もイラストと紹介文で載せてます。
posted by Oz at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年09月25日

金沢市にて(2冊)

1.『高岡四○○年のあゆみ』(神保成伍,文苑堂書店,2009)[富山県]
 チェーン展開してる高岡市の地元書店(うちの近所にもある)が出した本。
 街の誕生が、加賀藩2代藩主の隠居先として出来たんで、そこから話が始まり、銅器製作で栄えたり、戦争で大変だったりして、現代まで400年の街の発展が書いてあります。
 ミニ情報:富山市民と高岡市民の気性は結構違うらしい。この本には書いてないが。

-----以下、雑誌----
2.『月刊北国 アクタス 2011/10』(,北国新聞社,2011)[石川県]
 特集:驚き、アニメのチカラ "萌え"で街おこし狙い 「石川、富山は聖地」全国からファン続々
  ・・・・・フゥ・・・・、だそうです。
  「花咲くなんとか」(正式名称ようやく分かったけど、このまま行く)人気を中心に色々と分析・解説してます。
  モチーフとなった温泉の神社が、W宮神社と同じ状況に・・・暫く、近づけないな。
  架空の祭りも再現って・・・。
  
  新聞社の雑誌なので、社会問題も扱っている。
  今月は、金の「押し買い」を扱っていた。これを読んだ2時間後に家に「押し買い」の人が来たのには笑った。
  あと、奥さんが旦那の誕生日のサプライズとして、砂浜に落とし穴を掘って、二人で落ちて死んだ事件の詳細状況が、すごかった。

  ・・・「きたぐに」とは、読まないから。
posted by Oz at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年09月19日

山形市にて(5冊)

1.『みちのく「艶笑・昔話」探訪記』(佐々木徳雄,無明舎出版,1996)[東北]
 艶話や昔話の採集者である著者が、採集にまつわる話をエッセイ風に綴った本。

2.『山形「民俗」探訪』(武田正,東北出版企画,2003)[山形県]
 過去から現在までの山形県内の民俗にまつわる事を採集した本。
 最初に何気なく開いたページに載っていたの「間引きの図」でどん引き。
 「貧乏神送り」とか面白そう

3.『東北怪談全集』(山田野理夫,荒蝦夷,2010)[東北]
 江戸時代を舞台にした怪談短編集。
 怪談というより、昔話風。

-----以下、雑誌----
4.『仙台学 vol.10』(,荒蝦夷,2010)[東北]
 特集:ようこそ、みちのく怪談の世界へ
  東北地方の〜学は、バリエーションが多くなりすぎて、暫く御無沙汰だったけど、久し振りに購入。

-----以下、DVD----
5.『みちのく異界遺産〜やまがた篇〜』(黒木あるじ監修,荒蝦夷,2011)[山形県]
 怪談DVDと言うよりも、生き別れ地蔵とか即身仏、アマハゲなどマージナルなものを怪奇テイストで紹介するDVDの様な気がする。
 まだ、見てない。
posted by Oz at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年09月11日

福岡市にて(1冊)

1.『源義朝を祀る サバ神社 その謎に迫る』(江本好一,武田出版,2000)[神奈川県]
 福岡で何を買ってるんだって気もする。
 この本は、以前買ったことがあるんたが、途中まで読んで紛失していたため、再購入(注文しても手に入るかどうか?って言われてた)。

 内容は、神奈川県の境川中流域に集中して鎮座するサバ(左馬、佐婆、佐波、そして鯖)神社について、調査・研究した本。
 母方が義朝様と縁浅からぬ家系(笑)で有ることが分かった今、この本を再度見つけられた事に因縁を感じる(でも、読み直すのは、かなり先)。
posted by Oz at 23:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 手に入れた本

2011年09月07日

札幌市にて(1冊)

1.『北海道の全魚類図鑑』(尼岡 邦夫・仲谷 一宏・矢部 衞 ,北海道新聞社,2011)[北海道]
北海道の海、川、湖沼で見られるほぼ全種を網羅した魚類図鑑。
651種が全てカラー写真で載ってます。
ただ、北海道南部は、本土とそう変わらないし、死滅回遊で来ちゃったのととか、こっそり放流したブラックバス・グッピーまで載ってるんで、ちょっと「北海道」な感じはしないなあ。
posted by Oz at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本