2013年10月11日

20131011 3月を振り返ろう

例年、花粉症の発症が人より遅い。
他の花粉症の人が苦しんでいる様を眺めながら、「今年は大丈夫かも?」と糠喜びして地獄に。

さて、今年は・・・。
2月末から4日ほど北海道にいて、そのまま03/03のイベントに合わせて長崎に行った。
いつもだと、早くて3月後半から花粉症の症状が出るんで、まだ大丈夫な時期。

甘かったよ。
一気にきた。
目のかゆみ、鼻水、顔のかゆみ(眠りながら頬を掻くらしく、朝、血がでてる)、呼吸困難、延々と続く微熱。
微熱が続くと、コンタクトが目の中で変形して、物が見えない。
いつもよりかなりひどい。

例年遅いと思っていたのは、花粉の濃度がかなり濃くならないと発症しないか、花粉を吸い込み続けるとどこかで、身体が耐えきれなくなるんだろう。
もしくは、徐々に花粉を吸っていった結果、そんなに重い症状が出なかったのかも知れない。
今年は、杉花粉の無い世界(北海道)から一気に花粉のピークを迎えつつある世界(長崎)に行ったのがいけなかった気がする。
無防備に観光で野外をうろうろしてたしさ。

神奈川に戻ってからも良くなる訳もなく、さらに悪化。
強めの薬貰っても、飲んでから2時間しか持たない。
お仕事も散々。
よくクビにならないなって感じ。
仕事2時間、ぼーっと2時間、うたた寝2時間、半分夢の中で仕事2時間。
幸い3月は、それまでのプロジェクトの後始末期間だったんで、たいした作業が無かった。
4月5月も、次の準備期間で、ちょっと余裕があったしさ。
なんとか、クビの皮は繋がってる。

症状もそうだけど、色々例年と状態が違う。
いつもだと、4月初めのある日、突然、数時間高熱が出て治る(それもなんだが)。
今年は、それはも無く、ずっと症状が続く。
4月を過ぎ、5月半ばまでおかしい状態。
昨年来のぐったり感から、ようやく回復してきた生活も元の木阿弥。
ふう。(で、そこから回復しての「長距離通勤」)

まあ、春先の九州行きは、まずいってことだ。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77953948

この記事へのトラックバック