2013年10月09日

20131009 先月までを振り返ろう

先月末まで暫くの間、お仕事都合でかなりの長距離通勤をしていた。
現地にアパート借りた方が良いくらい。
調べてないけど、通いは出張手当付く距離なんじゃないか?
(まともにやると赤字になるので、色々見て見ぬふりをしてる。)
うちに帰れるんなら、何としても帰りたい人なんで、日々通ってた。

まあ、現地の会社の人が良い人ばかりで、仕事の環境としては良かったなあ。
最終日は、私の帰宅時間に気を使ってくれて、関係者全員1時間早退で、5時から送別会開いてくれた。
「良ければまた来てください。」
「・・・ええ、また機会があれば是非(来たくないです)。」

さて、当初から通勤がつらいのは分かっていた。
ただ、この通勤時間があれば、色々出来るな。
溜まっている本を読もう。
スマホか、座れればノートPCで、溜まっているメール出そう。
溜まっている即売会の参加報告を書こう。
溜まっている神社参拝記を書こう。
溜まっている写真を整理しよう。
溜まっている恨みノートを整理しよう。
溜まっているアダルトゲームを片づけよう。
・・・
出来ねえよなあ。

ある日、何気なく見た嫌カンサイト。
レベル的にどっかの国の反ニチサイトと同じ様なこと言ってるな。
国名入れ替えても、かなり話が通じる。
何だろう、関係するニュースをかなり捻じ曲げて解釈してる所もある。
これも、おんなじ様なことしてるんだろう。
この手のは、距離をとってニヤニヤしながら眺めてるのが良い。

しかし、いつもと違うのは、長距離通勤でこっちの疲弊ッぷりが目にあまるところ。
いつの間にか、より強い攻撃、より極端な解釈、より激しい憎悪を求めて、通勤時間中ずっとスマホ見てる。
危うくネットのカンコク面に落ちるところだった(この用語の使い方正しいのかな、何かで見て記憶に残っている言葉を使ってみた)。

はあ、はあ、何とか戻ってこれた。
やはり、心の余裕って大事だな。
なんやかんやで、アベノミクスの恩恵を受ける末席にもいるしさ(心の余裕は金の力や!)。

と言うことで、今月に入り安定した精神状態のなか、ずっと李博士を聴いてる。
土曜日、久しぶりに会った知合いに、「李博士聴いてる。」って言うと、かなり怪訝な顔をされた。
昔は、ポンチャックって全く受け入れられ無かったんだがな。
今は割と普通に聴ける。

私も老いたよ。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77816693

この記事へのトラックバック