2013年05月31日

20130512 Carvilsole Smack 27(酒田市)

酒田の即売会は、以前一度参加した事があるものの相当久しぶり。
南隣りの鶴岡には、去年参加してるけど。

では、酒田駅から会場まで、寄り道しながら向かいます。
直接行ったとするなら、徒歩20分強くらいかなあ。
途中で渡る新井田川の橋からは、天気が良ければ鳥海山が綺麗に見えるはず。
この日は、朝は曇りでだめ。帰りにうっすらと見えました。

  
会場は酒田勤労者福祉センター。勤労者体育センター(体育館)とセットになっています。駐車場広め。
あっ、そばにコンビニがある。前来た時はあったっけなあ。
周りに何もない所という印象が強いんですが。
エレベータで3Fに昇り、受付をしてホールへ。

DSCF2988t.jpg46サークル80スペース(委託含む)。
前に出たイベントは、もっといたとは思う。今回の主催さん云々で少ないのではなく、そういう時代だったのさ。ってとこ。
逆にこの主催さんは、ワークショップ的な物も開催されてるから、減少幅を抑えられているようにも感じます。

まあ、会場の広さに対して少し余裕のある感じなんで、うちとしては丁度良い。
一般もそれなりに入ってるし、コスプレも程よい感じ。
混雑してはいないが、閑散でもない程度。
ただ、スペースを回ってると、「いつもより少ない」って声が聞こえたから、普段はもう少し多いのかも。
あと、欠席が結構出てました。8スペース位あったかなあ。

うちは、いつも通りだらだら過ごして、ほどほどの売れ行き(棒。
でも、冊数ベースで2桁にはいったな。シリーズまとめ買いがいらっしゃったんで。
続きものだから、また来ないといかんのだろうな。ふぅ。

さて、このイベントの進行のなかで、ちょっと驚いたのはビンゴのやり方。
12時頃(早っ)、すでに引いてある数字を10個読み上げます。以降、時間をおいて次の数字群の発表と続けていきます。
こんなやり方見たことない。
ビンゴ時に一般の流れが止まるのは最小限に抑えられ、一般の会場内滞在時間を増やす効果はありそう。
ただ、ビンゴの高揚感は失われますね。
痛し痒し。
うち的には良い方法だけど、イベントの規模・商品によっては難しい。

で、この数字の発表。コスプレをした(確かしてたと思うんだけど確信が持てない)女性スタッフが行なうのですが、注意事項やら余談やら色々話をして(しゃべり方の訓練を受けた人かな?かなり上手い)さて、発表。
明るい感じの口調から、冷静に数字を読み上げます。
印象だけなら、TVの将棋番組の「後手。3、6、スパイ」みたいな(軍人将棋だと駒裏返しだから言えないか)。
うーん、会場に来るまでに資料館で、日本最古の将棋の駒とか見たし、人間将棋で名高い天童あるし。
山形だからに違いない!!
私の知ってる山形人属性、「神社本に出羽三山が載ってないと異常に悔しがる」に続けて、「将棋」を加えよう。

あと、パン屋さんとカレー屋さんが来ていたのが、目を引きますかね。
パン屋さんは、100円のちょっと小型のパン。
クリームパンとちくわパン買いました。
カレーの方は、某チェーン店のイベント用販売カー(屋台のやつ)が、玄関先に乗り付けて販売(主催人脈?)。
外出できないレイヤーさん向けに、スタッフが注文取りしてました。

-----
全体にこなれた感じのイベントかなあ。
webがなんだか危なっかしい(管理的に)ものの、酒田で継続的にイベントを行ってるのは、ここだけなんで頑張ってほしいなあ。

-----
昨年、鶴岡でチラシを入手し、参加を検討したものの日程的に断念したイベントのチラシを入手。
今年もやるようだ。
・・・コスプレイベントとして。
そのイベントの性格として、正しい選択ではあるのですが、ががが。

-----
会場グルメ

買ったパンは美味しかったが、もう少し量のあるものが食べたく、1Fに降りる。
会場前のカレーか。流石に山形まで来て、ココ●チでもないなあ。
で、会場建物内に中華屋がある。
では、そこで。
地元的メニューはない。
ランチセットほど重いものはパス。
店名を冠したラーメンか、季節限定「春のラーメン」(ちょっと高い)に対象を絞る。
では、「春のラーメン」で。
時間がそれなりにかかる。
うう、量が多い。
魚介と春野菜のたっぷり入った塩ラーメン。
美味しいけど、ちょっと薄味。
後半、麺が無くなり、春野菜だけになると、ちょっときつい。
麺と具材のバランス考えて食べないと。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68670203

この記事へのトラックバック