2013年01月23日

20130106 COMIC CITY 大阪 87(大阪市)

昨年に続き、City大阪が初出勤。
早朝の・・・まだ暗い金沢を発って、大阪へ。
相変わらず、インテックス(会場)方向への地下鉄混んでんな。
サークル入場時間ギリギリにやってきた会員さんによれば、JRとの乗り継ぎ駅である弁天町では、乗れない人もいたとか。
まあ、いつものこと。
インテックスは、やっぱり不便だよなあ。
住之江公園だけが乗り継ぎだけだったから頃からみれば、遥かにマシだけど。

-----
昨年の同時期実績で、14492スペース。来場者は、53500人(公式サイトの実績値)。
今年も同じくらいでしょう(1200スペースほど微妙なのがあるけど)。
City大阪では、夏のSCC大阪に並ぶ大きさ。インテックス全館使用です。
知ってる限り、他の回は振るわないんだけどねぇ。

到着後、自スペースの設営前に総合案内所行って、チラシ置場使用の許可をもらい、各館のチラシ置場詣。
満願。働き者だな、俺。
自スペースの準備をしつつ、近くの直接申込受付の様子を伺う。
空いたタイミングで、別サークル分の次回申込。
これだけやっても、まだ時間が余ってるよ。
朝、4時起きだけど。

さて、ご同僚も到着して、開場ですよ。
6号館Aゾーンの入口真前、お誕生席。うちには似合わない配置だなあ。
奥の全体を見渡せるようなとこの方が好きなんだけど。
隣の島はタイバニ。
あと、もう少しで、うちらと同じその他扱いですよ。

と、開始早々、別の会員に任せて、ちょっと席を立つ。
5分後戻ってくると、スペース前に若い女の人がいて、うちとこの会員と話してるのが見えます。
知り合い?にしては、若すぎる。
お客さんだあ。開始早々?20代?何事?
いや、入口前だと良いことがあるんだなあ。偶然、うちを見つけたようだった。
「このアニメが好きだと言っても、誰とも話が合わないんですよ。」
そらそうだろう。
ちょっとお話していかれました。
最初相手をした会員。余りの予想外にワタワタして、お釣りをぶちまけたようだった。
まあ、無理からぬ。

しかし、流石に開け放たれたシャッター前。寒い。
入ってくる人は、うちの辺りを境に左右に分かれ、モーゼの様なもんですよ。

暫くして、別の会員が10代の甥を連れてやってきた。
こっちが、腐とかやおいとかに言い換えてる言葉を、言い換え無しで言ってくる。
うーむ、多分来る日を間違えてる(翌週は男性向けのイベント)。
スペース回る度、毒気にあてられてるし。

後は、基本、おばさ・・・お姉さんたちのたまり場に。
まあ、こんなもんかね。

昨年よりも冊数ベースで、400%増。実冊数は言わない。

-----
黒○ス見てきました。
配置は、2館にわたってます(4号館半分強と6号館Bの1/4、他館にも少し)。
黒子受けと黒子受け以外に分かれるんだ・・・。
合計で約1250スペース。
別ジャンルで参加してるサークルもいますが、椅子が下された形跡のない列も見受けられ、なんか別空間。

-----
カタログ見てると、スタッフさんのコラムがあった。
幾人か書かれてますが、最後に主要スタッフの方が、「中止したイベントに第3者が首をつっこんで・・・」と、「一般的な」注意事項を書かれてます。
ん?タイトルに「時事ネタ」と。なんかあったんですかね?

あと、配置図に「美少女男性向け」のジャンル括りがある。
2サークル机1本。
根性あるなあ(普通のカットでした)。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61679758

この記事へのトラックバック