2012年04月29日

20120312 ふなずしパイ

米原に行った。いつの間にか「市」になっていた。生意気な。
朝のうちに駅前のスーパーにて、お土産を探す。
いやー、一段と活気が無くなってる。
さて、お土産品コーナーの展示棚の一つに「滋賀キャラ」とのPOP。
でも、あるのは、彦根のドラネコのみ。
まあ、造形的には、他のユルキャラの中では、ずば抜けてるしなあ。
しかし、ぬいぐるみの様な耐久品をお土産にしても、貰った方が困るから、重い槍のある私は、食品を贈りますよ。

-----
大人気(多分)の「ふなずしパイ」が良いでしょう(多分)。
探した(多分)けど見当たりません(多分)。
人気(多分)の余り売り切れか?(多分)
いや、売れすぎ(多分)て、米原の様なところには入荷しないのか?(多分)
なら、「ふなずしドリンク」で(多分)。

-----
随分と前、確か沖縄土産で、ドロドロになった米(多分)の缶ジュースを買った。
美味しそうなので自分で飲みたいとのエゴを封じ、大切な親友にあげた。
なんて、友達思いな俺。
あれから、幾年たったろう、その後連絡を取って無い気もする。

-----
「ふなずしドリンク」も売り切れのようだ(多分)。
半溶けの米と鮒の味とが調和(多分)し、舌を豊潤な酷が包みこむはず(多分)。
飲み進めると、時折「プチッ」と心地良く(多分)、軽快な(多分)歯触りの鮒の目玉が、丁度いい(多分)アクセントとして、魅了してくれるはず(多分)。

気持ち悪くなってきたのでこの辺で。
posted by Oz at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
さすがに架空の物は、主旨と違いすぎるんじゃないか?
実物さえ見ていない信州珍味もどうかと思ってはいたが。
Posted by F川 at 2012年05月03日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55586675

この記事へのトラックバック