2012年04月26日

20120304 親子丼

横須賀にいた。
会場2Fのレストランに入る。和風レストランだ。
1Fのエレベータ前にも、メニューと紹介のPOPがあって、「マグロの美味しい店」と。
三浦半島らしい。
マグロ丼か・・・。
食べないよなあ。
「動物愛護」の観点からマグロ資源は保護すべきだからな。
決して、赤身が嫌いなわけではない。

----
以前、とある海辺の地方都市に、お仕事で何度か通った。
相手先の社長さんが良く食事に連れて行ってくれたっけ。
本当は、こっちが接待する立場なんだが。
人を連れて飲みに行くのが好きな人でなあ。

良く行ったのが、この方の弟さんがやっている鮨屋。
「まあ、トロを食え。大間や三崎のマグロにも負けん。」と。
食べた。多分、東京だとすげー高い。
確かに美味しいし、握ってくれれば食べるのだが、でもなあ、やはり、うーん。

鮨屋の大将は、さすがだった。こっちがいまいちなのを見てとって、他もに握ってれる。
社長さんに「トロを」といわれても、「他の魚も味あわせてやりたい。」と言ってくれた。
ヒラメ、ウマい。魚は白身が一番ス。
普通、トロとメルルーサを並べられても、メルルーサの方が上だよな。どう考えても。
甘エビ>玉子>ヒラメ・タイ>カンピョウ>イカ・タコ>トロ>青物>ウニ>イクラ
基本、甘エビ、玉子、白身魚のローテだよな。
ウニ以降は、バッタ食べるのと大差ないし。

その後、私と交代で、トロ大好きな人が担当になったんで、全て丸く収まりましたが。
今でも行くと、以前程景気は良くないけど、相変わらず相当おごってくれるらしい。
小さい会社でも、特殊技術があるところは、やはり強いという、ためになるビジネスの話だよ。

-----
で、親子丼を注文。
正直、このレポートを出すために注文した様なものだ。

卵。よく固まってるな。とろふわ感の欠片もない。
汁は少なめ。
肉は、まあいいとして、蒲鉾の細切りが入ってる。
うーん、いまいち。
ってゆうか、うちの母親が作る親子丼、そのままだ。
店で食べた気がしねえ。

お会計時、ウエィターのエプロンについてる店の名が、このレストランの名では無く、魚屋っぽい。
魚屋直営店なのか?
なら、次は魚ものいってみようか。

ああ、重要な事が。この店14時までしかやってない。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55528259

この記事へのトラックバック