2012年03月22日

20111223 八幡神社(敦賀市三島町1丁目)

DSCF1240t.jpg祭神:響田別尊
   五十日足彦命

創立年代不詳

式内論社
県社

DSCF1246t.jpg応神天皇が皇太子の頃、武内宿称を従えて、気比神宮を参拝された際の行宮であると。
延喜式、越前国敦賀郡の石田神社が、当社であるとも言われているようです(社家、石井家の祖神)。
その場合、宝亀十一(780)年、藤原永手により勧請されたこととなります。
また、五十日足彦命は、石田大神(石田君之祖)のシノニムであるとされます。

天皇・武将の信仰厚く。弘安四(1381)年の元冠、正応年中(1288〜93)の異国降状を御祈願に際して帝の勅を奉じ、以降も、朝倉義景が本殿を造営、織田信長奉納の太刀、大谷吉継寄進の龍の彫刻などの由緒・宝物を有しています。

-----
街中なれど、広めの境内。
本殿、拝殿とも立派な物です。
境内を一周して気づくのは、社殿の立派さもさることながら、大小かなりの数の狛犬。
DSCF1225t.jpgDSCF1247t.jpgDSCF1248t.jpgDSCF1257t.jpgDSCF1272t.jpgDSCF1277t.jpgDSCF1282t.jpg
笏谷石を使っているモノが多いため、かなり崩れたものもあります。
それを眺めているだけでも飽きないなあ。
狛犬が多いせいか、人ならぬモノの騒々しささえ感じる神社でした。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54583952

この記事へのトラックバック