2012年02月22日

20120208 買った本(2冊)

1.『占いと中国古代の社会 発掘された古文献が語る /東方選書42 』(工藤元男,東方書店,2011)[-]

東方本(一応、言ってみた)。
何せ、戦国時代の竹簡が、出土するのが凄い。

出土した「日書」(楚国で生まれた占卜書)が、戦国から秦漢帝国において、どのように広がって行ったか、その影響はどうであったかを明らかにした本。
「日書」を始め、当時の卜者のことなど、興味深い。

以前から、「日書」というものがあるとの知識は、持っていたのだが、主要な興味と知識が唐代偏重のため、ちゃんとした資料など見ることが無かった。
いや、これは面白いわ。
睡虎地秦簡(秦の領土だった睡虎地の墓から出土した竹簡)の日書に書かれている標題が、そのまんま「日書」だったのは、何となく笑えた。



2.『オオカミの護符』(小倉美惠子,新潮社,2011)[-]

筆者の川崎市の実家にあった、オイヌさまのお札から、それの背景にある信仰世界を旅してゆく。

オイヌさまのお札が色々あるのは知ってるし、いくつかは見てきた。
今までは、通り一片の興味しか持ち合わせなかったけれど、この本のように、それを深く見せられると、やはり、関心がわく。
オイヌさまの本で「たまプラーザ」とかの駅名を見るとは思わなかった。
次には、多摩川を遡り武蔵御嶽神社へ、猪狩神社へ、と、道は三峯へ続く。
久し振りに秩父を回りたくなってきた。
いや、アレの聖地巡礼じゃないから。
posted by Oz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54112948

この記事へのトラックバック