2011年12月23日

新ひだか町静内郷土館(日高郡新ひだか町静内古川町)

2階建ての良くある普通の郷土資料館のように見えたんで、舐めて掛ってました。
この規模にしては、資料的に濃い目。
展示は2階のみ。
階段を上がると、定番のヒグマ、エゾシカ、その他、小動物のはく製。
この町は、海もあるので、海獣の類。
子エゾシカかわいい。
海獣は、種類によるなあ。

展示室に入ると、右手に土器がズラリと。
ああここ、標識土器の「静内中野式土器」が出土してるんだ。
漆塗の櫛も色がきれい。

奥には、当地に開拓に入った稲田家の資料類が有ります。
ここでは「庚午事変」と呼ばれる幕末の淡路島で起きた騒動(漢字四文字だと大げさに見えるな)の説明が眼を引きます(稲田家目線で書かれてます)。
阿波の「蜂須賀家」と家臣である淡路島城代「稲田家」の内紛。これで、徳島県は、淡路島を失ったそうです(詳しくは、静内神社の所にリンクを張った、「新ひだか町の歴史・アイヌ関連」様参照)。

後は、化石(きれいなアンモナイトがあった)やら、近現代資料とか。
まあ、どこかで見たこと有るものばかりだから、さらっと流せば・・・。
ん?見たことないものが有る。
「タコ足式直播器」。
北海道は、寒さのため、苗代が作れなかったらしい(今は改良されてる)。
それで、水田に直に種もみを播いたそうだ。
そのための装置。
種もみを播くための管が、タコの足の様に何本も出ている。
いろんなものが考えられたんだなあ。

公式
http://www1.ocn.ne.jp/~sibchari/shizunai.html

こっちの方が写真豊富
http://shinhidaka.com/sisetu/rekisi/kyoudo/kan.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52312060

この記事へのトラックバック