2011年12月18日

水内総社日吉大神社(水内=みのち、栗田神社、長野市大字栗田字東番場)

DSCF0960t.jpg祭神:大山咋命
   罔象女命
配神:天手力雄命、天思兼命、天表春命、天鈿女命

創建は由緒書きに拠れば「創立は遥かなため年代は確かではありません.」とされ、平安時代末から、当地を本貫とした栗田氏の氏神として、日吉大社から勧請されたそうです。
創建時は、長野市岡田に鎮座していました。
現在の鎮座地は、南北朝以前に築かれた栗田氏の城跡で、元和元(1615)城の取り壊し後、この地域の氏神・栗田権現として、戸隠の三神(配神のうち最初の三柱)を祀っていました。
明治四十一(1908)年、岡田に鎮座していた当社が、栗田大元神社(栗田権現)の当地に遷座。
この2社と吉原組(地名?)の日之御子神(天鈿女命を祀っていた)を合祀し、現在に至るそうです。

-----
DSCF0954t.jpg長野駅から向かったこともあって、神社側面より境内に入った。
社殿脇が公園になっているんですが、そこから、少しだけ見上げる位置に社殿が建っています。
土を盛ったのか、元々かは分かりませんが、正面の参道からみても、高い位置となっていて、威厳があります。
社殿は、新しめで、参道も舗装されています。
木々も、大木が幾本かありますが、社殿を囲む程度で、全体に明るい感じ。
清々しい空気を持った神社でした。

まあ、朝こんなとこに寄ってるから、遅刻寸前に・・・。
posted by Oz at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52101734

この記事へのトラックバック