2011年11月30日

粟津天満神社(加古川市加古川町粟津)

DSCF0785t.jpg祭神:菅原大神

元和元(1615)年の創建

菅公が太宰府に行かれる際に立ち寄られた(らしい)。
「村人達により建てらた。」と由緒書きにありました。

-----
DSCF0777t.jpg加古川駅にほど近い(600m)所に鎮座しています。
市街地にしては広めで、それなりに高い木は何本もあるのですが、大木と言えるようなものは無いですね。
生え方もまばら。
拝殿前に空間を広く取ってることと合わせて、全体に明るい感じかな。
参拝した日は、子どもと母親が境内で蝉捕りに興じてました(そんなシーズンに行ったんだもの)。
そういった遊びには丁度いい感じ。

DSCF0780t.jpg社殿は新しいですが、かなり立派。随神門もあるし。
鮮やかな色の彩色が施されたているのが目につきます。
狛犬も割と特徴のある顔立ち。

やや、拝殿の屋根瓦に色々装飾が施してある。
そう思ってディテールを良く見ると、屋根以外にも色んなところに遊びがあって面白い神社です(意図してない気もする)。

DSCF0789t.jpg・・・境内隅、柵で囲われた中に、石灯篭が十数本、密集して建てられてるんだけど、なぜ?

写真(上):随神門から拝殿
写真(中1):拝殿の屋根の一部(吉弔だっけ?)
写真(中2):目ぱっちり
写真(下):消火栓(なんかのオブジェかと思った)

「粟津町内会ねっと回覧板」様
http://www.geocities.jp/awazu675/miya1.htm
posted by Oz at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51227327

この記事へのトラックバック