2011年11月28日

蟻通神社(ありとおし、御霊さん、田辺市湊)

DSCF0634t.jpg祭神:天児屋根命
配祀神:西宮大神、市杵島姫命、品陀和気命、息長帯姫命、火具土命
    須佐之男命、住吉大神、地主神、菅原道真公

天平神護元(766)年創建(和歌山県神社庁サイト、社伝)。
天禄三年(972)勧請(田辺まちナビ、文化九年の記録)。
村社、幣帛料供進社。
日本第一知恵の神。

古い社名は御霊牛頭天王で、文化九(1812)年、蟻通明神社と改称した。
神仏分離で現社名。
社名は、蟻を使って、法螺貝に糸を通したという故事から。

-----
DSCF0681t.jpg田辺市の商店街の中にある、大きめの神社。
商店街から鳥居と神門をくぐると、大樟(霊樟、火事から町を守った)と本殿のお尻が・・・。
参道は神社裏から入る形となります。
北に開いた鳥居。本殿は、正南面して、拝殿前から振り返ると、裏の(正面か?)お寺との壁にぶち当る。
そこを除けば、優美な社殿で良いんだけどなあ。
拝殿正面に壁では、狭苦しく感じます。
無理して南面させなくても・・・。

DSCF0669t.jpg境内摂末社の西宮大神宮の扁額には、恵比須と大黒の顔が張り付いていて怖い。

写真(上):社標下に長方形の穴があいてる。元は会津橋の橋脚だったそうだ。
写真(中):拝殿
写真(下):手水舎の4コマ。

http://wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=7002
posted by Oz at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51112808

この記事へのトラックバック