2011年11月24日

脇付って他にもあるのかなあ

先週の木曜日、珍しく定時に帰宅。
席から立ち上がると、付近の同僚から、
「頑張って来て下さい。」
「生きて帰って来て下さい。」
と声が上がる。

週初めの打ち合わせ。
「金曜日、人間ドックなんで、休む。」と通知。
「え〜っ」と、一同驚きの声を上げ、「今行くのは自殺行為ですよ。」と。

精神的不安定さが解消されたのと同時に迎えた8月の1ヶ月休暇(引きこもり)にて、体重が20Kほど急激な増加をみせている。
この状況では、ろくな検査結果がでないのはわかってる。
うちの保健組合は、人間ドックの希望日を半年前にとるんでなぁ。予想できなかった。

「緊急入院とかは、止めて下さい。」と言う言葉を背に会社を後にする。
ミリオタの同僚が、手を頭の上で回してる。
自重で飛べないんで、それは適切ではない。地を這いながら帰宅。

-----
まあ、何がでても、「思い当たる節がある」 から、ある意味気楽。
朝、なにけなく1ヶ月前、歯が立たなかったズボンを履いてみる。
入った〜。

血圧?高いようだね。
私としては、納得の数値なのだが、4回測り直し。看護婦さん、最後には「(機械式ではなく)水銀の手動式で測りますか?」と、聞いてくる。
え〜。なんかしつこいなぁ、と思っていると理由があった。
特定保健指導にひっかかる数値をわずかに越えているためだった。
これで、「積極的指導」決定。
・・・受ける側に何の積極性も無いのに。
減量の目標値が設定され、半年間、毎月メールが来るらしい。

ただ、担当の保健医(?)さんと話していると、「やりますか?」と、こちらの意志を確認してきた。
?。断れるのかと思い聞いてみると、断れるらしい。
が、対象者が指導を受ける率が悪いと、保健組合の上部団体に納めるシノギ(こうは言ってない)が増やされるそうだ。
対象者を減らすために、何度も血圧を測ったのか。
なんか、間違ってる。

指導を受けることにして、目標は、半年で-6K。この数値では埒あかねえ。

視力測定。左右の結果に大きな差がある。
8月の間、ベッドで横向きになり、PC触ってたから、左目に負荷がかかり過ぎた。
脳内の視力補正で問題なし。

慢性胃炎?
ああ、日曜日と祝日(たまに土曜も、平日はない)の朝になると、痛むアレね。
これは、原因も解消法もわかってる。
実行出来ないだけで。

脂肪肝?
外見以上に重くなってんだから、そうもなろう。
元々、内臓に脂肪付き易いんだし。

等々。

-----
予想外もあるにはあった。
体重・・・。
昨年比で+30K。
予想より10K多い。
ピーク時は、何Kだったんだ?

あと、1件のサプライズがあり、医師への紹介状1通Get。
誕生月らしい、素敵なプレゼントです。
そろそろ覚悟のきめどきってことか。
ティモシー・リアリーの信奉者としては、それらしい形にしたいなあ。
しかし、「御侍史」って脇付を使う実例って初めて見た。
posted by Oz at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Blind Vision
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50938477

この記事へのトラックバック