2011年11月13日

20111106 イデオンリー

どんな即売会になるのか、直前まで不安でしたが、かなり面白い即売会でした。
大概のイベントで不安になることは無いのですが(やっぱり駄目だったか、と言うのはある)、さすがにこのコンセプトは。
あと、問合せへの主催さんの対応は、素早いのですが、webの更新がねえ。
次回へ向けての改善点だね。

-----
文京区で開催される即売会は、初めて参加する。茗荷谷駅って初めて降りた気がする。
入場後、おまけでイデオンのプラモが付きます、と言われ、いくつかの種類の中から選べと・・・。
バイラル・ジンが、20箱位積まれている。
いきなりえらいもの見たな。写真撮っとけば良かった。
バイラル・ジンタワーを横目にガルボ・ジックを選択。

うちのスペースは、机2本。東京のイベントで1スペース机1本ってのがあるとは、思わなかったんだよ。
(募集要項には、サイズが載ってないんで、実際の参加サークル数を見て、1本になったんでは?とも思うのだが。)

元々、何冊持ち込めばいいのかさっぱり見当がつかない上に、スペースに余裕が有りすぎ、ジャンル違いの創作系もフルセット持ち込むことになったんで、キャリーバッグを新規購入・・・大活躍だった。
机2本のうち、2/3がイデオン本。1/3がうちの通常の本と、滅茶苦茶な構成。
なんで、こんなところで総力戦やってんだ俺。

さすがにイデオンで10種類あったのは、うち位なもの。いや、他のサークルは、大概「新刊」だが。
結果、冊数で50冊以上出たな。夏コミとの比較では、冊数、金額とも3倍(まっ、机の面積は4倍・・・)。
そもそも、その夏コミが、うちにとっては、異常に売れた回だったのに。
持込分が無くなった本も多数。持ち込めば、もっと出たってことか・・・。
創作もフルセット持って行くから、さすがにバックにも限界が。
それに、買いはとっくの昔に一巡したと思ってたんだよ。

確かに、全て持ってますって人多かったなあ。
創作系でよく私が買ってるサークルの人も、うちのスペース前にて、全部持ってますっていってたな(うわー)。
「この機会に新刊を出されるかと思って訪ねてきたんですけど。」って人もいた。
・・・いや、作る訳が無い、のだが。

うちの会報の総まとめ本を買った人に、「当時のFCのものですか?」と聞かれ、「そうです。」って言ったけど、否定しておいた方が良かったかも?
うち、FCとしては間違った方向に走ってたからなあ。だから、今ままで、生き(?)残ってるんだけど。

さて、私は、午前中に、うちの初代会長に、冬コミのサークル登録カード、チケット一式を渡して、この日の目的の50%を達成。
あとは、セッセッとお客さん対応。
会場では、プロジェクターで、午前TV版。午後、映画版を流していた。
上映していた発動篇の最後の戦闘シーンでは、頭のおかしいアニメをサークル・一般50人以上が、音も立てずに見つめるという、かなり特異な風景が見られた。
周囲を見回すと、奇観過ぎて怖い。

主催さんの挨拶で、来年も秋に開催することにしたと言っていた。
今回ほどは、売れないだろうが、近い数売れると、うちの脆弱な生産力では耐えられないなと、次回開催が楽しみとか思う以前に考えた。
posted by Oz at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50323882

この記事へのトラックバック