2011年11月04日

懸念されていた。

うち(BV)の会計担当から、うち(DTT)で11月に参加する即売会の件について、問合せが来た。
30スペースに満たない即売会(実際は15サークル)に、合計する(2スペース+追加椅子2脚)とコミケ並の参加費を注ぎ込んだのは、さすがにまずかったか?

「追加椅子を頼んでいるけど、他に誰か参加するのか?」
金額面は問題無いようだ。
「うち(あっち)の会員が来るので、椅子も多めに取った。」
「大丈夫か?」
うち(こっち)としては、うち(私)が他の人とスペースに入るのは、トラブルの元だと思っているようだ。

うち(I)が申込み主体となって、うち(あれ)でサークル参加する場合、慣例上、うち(これ)が参加費を出している。
ただ、うち(this)とうち(that)は、うち(my)以外の接点が無いため、うち(me)の部分で関係が切れると、まるで関係が無くなる。

他人のサークルなんで、ほっといても良いような気もするが、本来、永の眠りにつくはずだったうち(出戻れた方)をうち(見捨てた方)の都合で無理やり叩き起こした、と言う、負い目がうち(鬼)にはあり、「関係ない」とつき離せない。
まだ、うち(ぐがが)にとっての利用価値もあることだし。

それで、心配になって聞いてきた様だ。
・・・つきあい長いんで問題ないだろう。
確実に朝からくる二人のうち、一人は15年ぶり。もう一人は、手紙とかのやり取りはあったが、初顔合わせ。
あとは、誰が来るか分からない・・・・。なんか、まずそうな気がしてきた。

「まあ、どうせ暇なイベントになるだろうから、スペースの空いたところで、人と接触せず、ザンザ・ルブかBメカでも作ってるよ。」と、30年物のプラモデルを、地下室のプラモデルセラーから抜き出し、埃を払いながら、外箱の空気に触れる面と壁にくっついていた面の焼け具合の違いを確かめ、「気温が一定の地下室で長期間保存することにより、パーツの断面の荒々しいオリが、濃密なまろやかさを醸し出し、豊潤なプラスチックの香り(多分、今の基準ではヤバい)が、時と言うも物を感じさせる様になるのです。買っただけで満足して、ただ積み上げていた訳ではないのです。」

「本を扱ってるところで、(可燃性の)接着剤を使うのは、大丈夫なのか?」
「・・・」
即売会に出たことさえない奴に、意見されるとは思わなかった。

貴女が正論だよ。orz
posted by Oz at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Blind Vision
この記事へのコメント
うち(あなたがたのグルーブ)の新刊も持っていったらいかがですか。
BlancmangeとかHuman Leagueの本なんて、年代的に、サークル内より需要があるのではないですか。

Posted by 会 計美 at 2011年11月05日 22:03
初顔合わせの人に会った時、「初めまして」と、挨拶すると・・・。
以前、会った事があるそうで・・・。
Posted by Oz at 2011年11月07日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49858241

この記事へのトラックバック