2011年10月05日

出立王子跡(でだちおうじ、田辺市上の山2丁目)

DSCF0552t.jpg祭神:月夜見神

崇峻天皇元(587)年勧請(と、境内の由緒書きに書いてあった。)

村社。
西ノ谷村民の産土神。

若一王子社と、元は言った(境内の由緒書きから。湯川王子のことじゃなくて?)。
田辺(田部)王子とも(wikipedeia)。
出立神社(村社になった時)。
和歌山県文化財指定史跡。

元は拝殿・回廊等があったが、八立稲神社に合祀され、一時、石碑だけを残す状態となった。
しかし、昭和十四(1939)年、八立稲神社より境外摂社として分霊される。

ここから、本宮へ山沿いのコースをたどる中辺道の最後の塩垢離場。
『中右記』(藤原宗忠)天仁二(1109)年に記載あるも、中世の鎮座地は定かではない。
「出立」は地名。

-----
DSCF0539t.jpg浦安/浦守神社から北へ向かい、八立稲神社に行く坂の途中に鎮座しています(上野山台地)。
いや、坂を見た段階で、嫌気がさしていたし、小さい社だし、「跡」だし、軽く流すつもりでしたが、「跡」と言いつつも、鳥居、手水舎、玉垣、狛犬、社と、神社1ユニット分そろっています。
ちゃんと清掃もされているようで、なかなか良いんで、「跡」を取っちゃえばいいのに。
下の写真、左側の石碑「出立王子之跡」が、むしろ本体か。

「tatubouの熊野詣」様より
http://www.geocities.jp/tatubou44/dedatiouji.html
posted by Oz at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48341273

この記事へのトラックバック