2011年09月25日

金沢市にて(2冊)

1.『高岡四○○年のあゆみ』(神保成伍,文苑堂書店,2009)[富山県]
 チェーン展開してる高岡市の地元書店(うちの近所にもある)が出した本。
 街の誕生が、加賀藩2代藩主の隠居先として出来たんで、そこから話が始まり、銅器製作で栄えたり、戦争で大変だったりして、現代まで400年の街の発展が書いてあります。
 ミニ情報:富山市民と高岡市民の気性は結構違うらしい。この本には書いてないが。

-----以下、雑誌----
2.『月刊北国 アクタス 2011/10』(,北国新聞社,2011)[石川県]
 特集:驚き、アニメのチカラ "萌え"で街おこし狙い 「石川、富山は聖地」全国からファン続々
  ・・・・・フゥ・・・・、だそうです。
  「花咲くなんとか」(正式名称ようやく分かったけど、このまま行く)人気を中心に色々と分析・解説してます。
  モチーフとなった温泉の神社が、W宮神社と同じ状況に・・・暫く、近づけないな。
  架空の祭りも再現って・・・。
  
  新聞社の雑誌なので、社会問題も扱っている。
  今月は、金の「押し買い」を扱っていた。これを読んだ2時間後に家に「押し買い」の人が来たのには笑った。
  あと、奥さんが旦那の誕生日のサプライズとして、砂浜に落とし穴を掘って、二人で落ちて死んだ事件の詳細状況が、すごかった。

  ・・・「きたぐに」とは、読まないから。
posted by Oz at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48164858

この記事へのトラックバック