2011年09月09日

20110904 NOBORDER 05(一関市)

サブタイトルは「Last dance」。
2008年に第一回を開催し、幾多の苦難(主に今年3月)を乗り越えられた即売会で、今回が最終回となります。

一関の即売会は、初参加。
一関のイベンターは、今のところ、ここしか残っていないため、今回出とかないと思い、参加。
前日、福島在住の会員のところで、彼の両親の引っ越しをなぜか手伝わされ、かなり疲れてるのに。

会場は、一ノ関駅から徒歩5分くらいで、アクセスは割と良い感じ。
もちろん、会場ラウンジの壁上方に「竃神」が掛っているのを見逃してはいない。
使っている展示室(即売会)と小ホール(コスプレ)は、扉で繋がってはいるだけなんで、使い勝手は悪そう。
展示室も、太い柱が2本、室内中心にあるんで、見通しがいまいち。
大きさは、このクラスの即売会では、適切かな。

さて、この即売会の参加案内が来た時、最初に気付いた事は、災害時(主に地震)の避難経路がかなり詳しく掲載されていること。
これは、パンフでも同じで、「まあ、あの後だしなあ」と、思っていたんですが、即売会の過去パンフを見ると、第一回目から詳しく載ってます。
会場側の指導なのかなあ?
主催さんの最後の挨拶の中でも、この非常時の記載を「実際に使うことが無かったのは、良かった」というように言われてました。

で、今回の参加は、31サークル。
震災後の4回目(5月)で、減らしたサークル数がなんとか、戻ったかな。
一般は、そう少なくも無いって感じ。

あと、この即売会のキャラとして、トイレの男女図をアレンジして使っているんですが、最終回のパンフ表紙は2人のウエディング姿(お幸せに)。
企画で抽選会があるんですが、商品の一部に毎回この2人にちなんだ物があるようで、今回はトイレットペーパー。
いままで、無茶な商品をたくさん見てはいますが、これは初めて見た(実用性があるだけ「まし」か)。

余力のある状態で終わった即売会でした。
御苦労さま。

-----
即売会後、前日の疲れによる判断力の低下のため、またもや荷物を背負ったまま、苦行の旅へ。

posted by Oz at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47832900

この記事へのトラックバック