2011年08月30日

20110828 黒潮雑貨 ]]\(29、高知市)

(DT-BV said)
なんで、配下の両サークルとも世紀跨ぎの本が多いんだ?
ジャンルは違えど、同じ構造上の欠陥を抱えている。
うーん。

-----
この即売会は、年1回開催で、うちは2年ぶり2度目(昨年は、所用で欠席)の参加。

開始前の主催者挨拶。
「今回は10代のサークル参加者がいます。」
おお、2年前はいなかったのに。
「サークル参加者(代表)の平均年齢は、30歳を超えました。」「(10代の参加者は、)焼け石に水です。」
ああ、2年前と変わらず、奇蹟のような年齢構成(2年前は、まだ20代だったが、年を追うごとに増えてる)。

パンフに年齢・性別構成のグラフが出ています。
人口ピラミッドは、ひょうたん型(壺型的でもある)。
男女比は、正常な数値内です。
平均年齢は、30.67歳。・・・死んでます。
同人的平均余命は、越えてると思う。
今回の参加は、101サークル(うちが2つでダブってるが)。
これだけサークルがあって、なぜこの数値。

しかし、我々は既に、某即売会(来年復活する)の超高齢化現象を観察している。
特に驚く事は無い。
ここの人達も漸く同人を語れる年齢になったと見るべきだろう。

途中、ステージ上でのコスプレ大会(+アトラクション)が始まった(約1時間)。
地下のレストランへ食事に向かう。
このレストランは、コスプレさん向けのクロークもやっている。
こんな形で、会場の施設と即売会の協力関係があるのは、ここ位しか知らない。
一昨年は、レストランの奥1/3が荷物置き場だった。
今年は、レストランの奥1/3が食事スペースだった。
うーん、改善されてる。。。まあ、一般のお客は来ないだろうからなあ。

パンフにも書いてあったが、さすがに10数年開催してると、会場側もなみなみならぬ協力をしてくれる様だ(レストランも日曜日は休みなのに、従業員総出で対応してるらしい)。
すごいというより、どうかしてる。

あと、気付いたのは、ご多聞にもれず、ここでも他の即売会が減ってるようだ。
あった即売会チラシは、今回の主催が開催する別の即売会(?)と商業イベンターのみ。
コスプレ系イベントのチラシは5件以上ありましたが。

-----
全体の印象としては、年取ってる割には、騒々しいイベントだなあ。と、2年前と同じ。
昔の即売会の落ち着きの無さが、そのまま残ってる稀有なイベント。
このまま、どこまで行けるもんだろうか?
という、興味はかなり有ります。

事前(「お茶会」銘打ってますが)・事後集会とか、太古の昔より続く奇習を今に残す貴重な即売会なんで、まだ続いてほしいなあ。
(両集会を揃えてる即売会って、あと一ヶ所しか私は知らない。)
posted by Oz at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47645234

この記事へのトラックバック