2011年08月25日

磯間岩陰遺跡(田辺市)

DSCF0363t.jpg
田辺湾最深部にある遺跡。
古墳時代の8基の石室に人骨、副葬品が発掘され、奈良〜鎌倉時代にかけての火葬跡も発見されている。
この地域は、海食岩陰が多いようで、他にもこのような場所が散在しているみたい。

http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=163451

海岸線を通る道に遺跡への案内表示があった。
誘われる様に狭い路地に入っていく。
あの民家の裏に崖が見える。
あれ?
路地が突きあたる。
道が分からない。

DSCF0354t.jpg
丁度、近辺の街灯の点検をしていたおじさんが、途方に暮れる私に声を懸けてくれた。
「遺跡に行くんならここだよ」と指示された先は、民家の間にあるフェンス状の扉。
確かに、「磯間岩陰遺跡」と書かれている。
分かるかこんなもの。
入って良いのか?扉に鍵はないんで、おじさんに礼を言いつつ入ってみる。
数メートル歩くと、小さな広場状となり、遺跡の説明板が有った。
そして、見上げれば、岩の天蓋が。
特に立入禁止の表示も無いので、奥まで入れる。
みごとな「岩陰」遺跡。

DSCF0358t.jpg
石室の有ったであろう辺りに立ち、ちょっと感慨に耽っていると、背後でガサガサ音がする。
若干ビビり気味に振り向くと、先ほど道を教えてくれたおじさんが、様子を見に来て、「普段、地元の人間は、こんなところに関心を持たなくてね。」と、少しここに興味を持った様だった。

まあ、良いことだろうな。
しかし、行政もここに多少は興味を持った方が良いかと。
場としての保存状態がなあ(民家の間なんで権利関係大変そうだが)。
ちょっと、離れた所から全体を見渡したい。

って、ここ崖崩れとか大丈夫なのか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47553023

この記事へのトラックバック