2011年08月22日

夏はやっぱり海だよ。

DSCF0415t.jpg7月最後の土日は、和歌山の田辺に行った。
新大阪駅で、特急くろしおに乗換え。
ホームに入ってきた列車に、パンダ型をした座席があるのが見えた。
・・・。
一応言っておこう、「座りたいわけじゃないんだからねッ」。
古いタイプの車両なんで、座り心地悪いなあ。あと、冷房が利きすぎ。
オーシャンアローの方が良かったかも。

新大阪の次は天王寺。
ふーん、大阪駅は通らないんだ。この路線は初めてだな。
と、大阪市街を後にして一路、和歌山へ。
遅い。なんで、こんなに遅いんだこの特急。とは思ったが。

田辺に近づく。車窓から太平洋が良く見える。
人から、指定をとるならDのシートが良いって言われたのは、このためか。
満足。

構造物マニアの人からも、印南駅付近は要注意と言われていた。
橋のアーチにカエルの顔が・・・唖然。

-----
DSCF0683t.jpg田辺駅着。
駅前の観光センターにて、市街地の地図を入手。
田辺って、本宮町も併呑したんだねえ。
熊野というメインを入手したせいか、パンフレットは豊富。
ただ、それぞれの連携が出来なさそう。

-----
田辺市街を回るなら、「まちナビ」って音声ガイド機を借りるのが良さそう。
料金を取られますが、パンフレットに借り出し無料券の付いているモノもありました。
http://www.tanabe-kanko.jp/machinavi/index.html
のDLページで内容は聞けます。

当然、私は借りてない。
地図見ながら気の向くままに。

最近、海沿いの街を歩いていて思うのは、海岸からの高さ表示が、良く目につく。
多分、以前から有ったんだろうけど、目に入ると高さをチェックしてるなあ。

-----
DSCF0604t.jpg市街地だけなら、割とコンパクトなんで、歩いてもサクサク回れる。
土曜一日だけで、16社、2資料館、1遺跡、2漁港、2猫、3書店、1古書店、5パン屋。
なかなか、回った。途中から、機械的に回ってるのは否めんが。

で、気付いたこと。
町の大きさに比べてパン屋が多い。
昔ながらのから、おしゃれなのまで。
なんでだろう?

次は、クエのシーズンが良いなあ。
イルカも一回・・・。

-----
DSCF0446t.jpg翌日は、即売会。
田辺は、昔よく即売会をやっていたはず。
ここ暫く全く聞かなくなってましたが。

会場前がビーチになっていて、駐車場の空き待ちの車がかなりの台数並んでた。
日差しも強く、暑い。
でも、陽の光には背を向けて、今日も生きてますよ。

HP等見る限り、レイヤーさんの開くイベントの様で、サークル参加の要項がいまいち分からない。
申込書を送って頂き、要項を確認して、無事参加。

当日は、なかなか盛況。
サークルも予想よりは多い。一般も。
初開催とは思えないくらい、かなり健闘してます。
ちょっとサークル参加的に?なところもありますが、次回もあるようなので、やがてこなれて行くでしょう。
(あっさり、"和歌山県"一、良いイベントに・・・)

まあ、私は前日の観光疲れがまともに出てましたけど。

-----
写真1 磯間漁港
  2 市中心の交差点にて。事故も多いんでしょう。中央に唇両端から血を流し、充血した目の不自然な男が写っています(赤いの隈取イメージなのかな?)。
  3 会津川河口にて
  4 会場
posted by Oz at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47501225

この記事へのトラックバック