2011年08月01日

くっつければ良いてものでも

7月の半ば、大館の即売会に参加した。
青森側から大館に入るため、前日の土曜日、東北新幹線の新青森駅に到着。
そんなに大きくないんだねぇ。
新幹線のホーム上にKIOSKと事務所?の建て屋が、ホーム幅のかなりを使って(左右に人二人分の通路が残してある)建っていて、狭さ感を増している。
改札へ下るエスカレータ、階段も狭いねえ。なかなか下りられない。

と、エスカレータ前の渋滞に捉まっていると、後ろから名前を呼ばれた。
振り返ると、十数年前に仕事をした青森の会社の人がいた。・・・まあ、最初は誰か分からなかったが。
前日まで東京での研修があったそうで、朝っぱらの帰着になったんだとか。
この日は彼の娘の誕生日なんで帰らざるおえなかったらしい。

ちょっと立ち話をして、別れようとすると、駅の外に奥さんと娘が迎えに来てるから会ってけと。
この人とした仕事は、順調とはとても言えなくて、連日深夜まで。こっちの帰京も延期延期で、途中から彼の家に泊まらせて貰っていた。この人、新婚だったのに・・・。
奥さんも朝、旦那に対するのと同じように、「頑張ってこい」といって送り出してくれる肝の据わった人だったが。
久し振りに会うと、体型も肝の据わった感じに・・・。

家族団欒を邪魔するのも悪いので、話もそこそこに辞そうとすると、さらに引きとめられる。
娘に「このおじさんも誕生日プレゼント買ってくれるから」と言ってるし。
・・・・fu●k。

大館観光中止で、この家族と一日過す。
「青森に戻らず、家族を東京によんでデヅニ―ランドとか行けばいいのに。」
娘がドナルドを怖がり、ミッキーには異常に攻撃的になるらしい。
・・・社会生活に重大な問題を引き起こす恐れがあるので、早めに矯正した方がいい。
彼自体は、いま副工場長で、来年の異動で多分、工場長になるらしい。
彼の会社での「工場長」は、「取締役」のイスもついてくるはず。
なんか、置いてかれた感がする。

-----
夕食も・・・といわれるが、さすがに辞退して青森で買い物をちょっとしてから、大館に向かう。
電車の中で考えた。
今年は昔の知合いと予期せぬところでばったり会うことが多い。
俺ももうだめか・・・という気もするが、実際のところは、来年のフォトンベルト突入にさいし、アセンション出来ない彼らが、無意識的に私の持つより高次なバイブレーションを求めて、寄ってくるんだろう。
生への本能的執着か。醜い。

-----
22時大館駅着。
間違えて、駅から遠いところのホテルに予約を入れていた(大館市役所の近くではあるが、大館駅からは遠い)。
急ぐ訳でもないので、歩いてみる。
途中、開いているのは、居酒屋とスナックが数店。
まあ、予想はしていたが。
お祭りの看板が目に入った。
「ハチ公YOSKOI祭り」・・・ハチ公とYOSKOIを結びつけるなんて、「ナンテ、ドクソウテキナ」。
ただ、翌日の即売会と被ってますね。
行けないよ。「ザンネンダナー。」

-----
日曜日、即売会会場に向かう。
歩道橋の上から、会場を見る。正面に違和感。
ちょっと高い所にホール名があるのだが、マークが六芒星・・・。
陰謀の匂いがする。

まあ、結婚式場兼レセプション会場。
即売会隣は、「XX家親戚の集い」みたいなのをやっていた。
この辺は考えものかな。
隣で右翼がパーティしていた即売会に出たことあるから、もう何が隣でも驚かないけど。

即売会としては、色々考えて頑張ってました。これからも続いてほしいなあ。

-----

途中、近隣神社を参拝。
観音堂兼神社・・・。いや珍しくはないんだが、社名に堂々と「堂」の字を入れてるのは初めて見た。
即売会後、しばし観光。
太鼓の音が聞こえるね。近づかなかったけど。

posted by Oz at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47077887

この記事へのトラックバック