2011年07月08日

鶴谷八幡宮(館山市八幡):ツルガヤ

DSCF0053t.jpg祭神:誉田別命、帯中比古命、息長帯比賣命

安房国総社
県社
養老元(717)年創建(由緒板)、平安中期創建(千葉県神社庁のサイト)
三鶴八幡の一社(鶴岡、鶴峰)

市中心部に、ほど近い大きな神社(会場にも一番近い)。
広い境内にアスファルト舗装の整備された参道。
参道を歩くのも気持ちが良いくらい(交通量の多い道がそばなんで、静けさはそれほどでも)。
本殿は享保四年(1719)の建立ですが、拝殿は昭和四(1932)年の再建。
それでも、参道入口から真直ぐ先から見える姿は、綺麗です。
社殿は、西面。真直ぐ海に向かう形。
昔は、そのまま、海が見えたような気がします。

拝殿向拝の格子天井には、「百態の龍」として、中央の「鏡天井の龍」を中心に五十四態の龍が彫られています(文久−慶応の作)。
なかなかすごいんですが、カメラの望遠か何かで拡大して見ないとなにがなんだか。
大きめの狛犬も丸っぽくてかわいい。
posted by Oz at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46624494

この記事へのトラックバック