2011年06月29日

羽田空港にて

『FAP vol.18 JUN.2011』(福島空港ビル株式会社,2011)[福島県]

羽田空港の搭乗口に置いてあった、福島空港の広報誌。
基本、用事の無い空港なんで、まだ行ったことはない。
広報誌もはじめて見る。
表紙に「ふくしまは、諦めない!!」とあるから、震災支援の一環で羽田空港にも置いたのかな。

表紙は鶴ヶ城。下から天守を見上げる構図。
悪くないんだけど、見上げた天守の正面に紫の服を着た人(観光客?)がポツンと一人いるぞ。うーん。
表紙を捲ると、只見や尾瀬の紹介。
次に、4ページ目。「県内の放射能に関する測定値」キターッ。
ページ自体のタイトルは、「地震災害・原発被害による現状」ですが、ほぼ放射線の事しか。
測定値は、一時的な値だろうから信用できないけど、真に受けてみる。
来週行く郡山、高いなあ。
福島市と並んで桁が違う。
郡山 1.29マイクロシーベルト(一時間あたり)。
って、いわき(0.23)、南相馬(0.52)・・・
浜通りの倍以上って、中通りの数値、おかしくないか?
あと、地域的にまるで関係が無いとも言える南会津町で0.09。
参考に載ってる、一年間に自然から受ける放射線量(日本平均)1500に、遥か及ばないんだけど、逆に大丈夫か?

その他には、三島町「奥会津書房」の記事があった。『会津学』を出してる所(1冊だけ持ってる)。
ここの編集長へのインタビュー記事を中心に、構成されていて、2ページの記事ながら面白かった。
(編集部の飼猫かな、縦置PCの筐体上に座ってる猫かわいい。)

6月の空港イベント情報。
「コスプレイベント」が堂々と載ってます。
地元即売会の主催さんがやってるイベント(来週、お世話になる。今回、書類不備があったんで、足を向けては・・・)。
「アマチュア愛好家が大集合!ファンタジックなコスプレワールドが繰り広げられます。」
って、紹介文は、分かった様な分からない様な。
翌週は空港独自企画でしょうか「紙ヒコーキ教室&ライブ&漫画家サイン会」。詳細未定の様ですが、混ぜれば良いものでも。

南相馬で作られていた「森塩」。在庫限りの「幻の塩」になるらしい。買いそうだよ・・・。
posted by Oz at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 手に入れた本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46418266

この記事へのトラックバック