2011年05月13日

データもなま物

鮮度が大事、鮮度に目をつむるなら、焼かないと(チェックしては)いけない。
(自戒を込めて。「即売会」カテゴリーの内容からずれたな。)

ある即売会をオンラインで申込んだ。
郵便番号を打ち込んで、住所の自動入力ボタンを押す。
無反応。
うちの郵便番号って、去年の4月に「隣の市」の政令指定都市移行に伴い、変更している。
旧番号では反応した。
再度、新番号を入力し(この時点で、次の動作は予想できてる)、「申込」ボタンを押す。

「郵便番号が登録されていません」のようなメッセージがでた。
・・・文句を言いたいのは、こっちもだ。

他の入力項目もあるんで、入力値を記憶させたが、郵便番号データベースが改訂された「あかつき」には、またエラーになって「ムッ」とするんだろうな(いつの日かは知らないが)。

せっかく新導入のシステム(独自開発かなあ?)で、比較的使いやすい感じだったのに、惜しいなあ。
入力項目に「備考」のような欄が無いのって、こんな時、連絡できないから不便だ(有れば有ったで、アレなんだが)。

-----
まあ、去年の段階では、新番号を認識した申込システムの方が少なかった。
改訂年度内なら、執行猶予中だと思うんだけど、年度を越えてるからなあ。
ヘルプに「平成21年度版に対応」とでも書いておけば良いか。
そもそも、こんなチェックをかけず、「ユーザー情報の入力は、ユーザー責任」で済ませればいいのに。
こちらとしては、イベンター側の処理過程で、最新版でのチェックが入って「書類不備」と言われると嫌だなあ、とも思うのですがね。

あれ、今年になって転入してきた人って、どうするんだろう?
転入時に「こんなこともあろうかと」旧番号を調べるてるはずだから、問題ないか。

-----
システムが認識する番号と、その番号ではない住所を入力すると、どうなるんだろう(チェックしているシステムを見たことがある)。
ああ、人のプログラムの粗探しは楽しいなあ。

ここで、数日前に送信したメールのシグネチャーが、突然気になった。
旧番号で書いてるよ。
・・・改訂後、2年間は「許容範囲」ということで。

-----
申込みは完了してるんで、どうでもけど、管理者にはメールしておく。
どうするかは、知らないが。
posted by Oz at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45154640

この記事へのトラックバック