2011年04月20日

一人チキンレース

旭川の即売会参加は、去年に続き2回目。
今回は、市内中心部のホテルのレセプションルームでの開催となります(新規会場)。
私にしては珍しく目的があっての参加。
「最短移動距離での即売会参加」の更新。
今までは50mだったものが、ついに0m(建物to建物)。
ほかの所でも、ホテルが会場の即売会には出てますが、宿泊したことなくて。

さて、このホテルでの初開催とあってか、宿泊特別プランも用意されています(元々の雛形プランはあるのでしょうが)。
でも、電話で「兄貴プランで。」とは、言えねえ・・・。
記念モノだしなあと、悩んだんですが、ネットの別プランを(朝食食べないんで、さらに安かったし)。
ホテル自体は、フロントの対応も丁寧だし、値段に対しての設備もかなり良好だしで、良かったです。
コンビニも併設してるんで、至れり尽くせり。

-----
サークル入場は、10:10〜11:00。ホテルのチェックアウトは、11:00まで。いい時間だねぇ。

9時半には、出発準備が終り、ベットに座って入場時間を待ちます。
10:10 直ぐに行くのも何だし。
10:20 まあ、一般入場30分前くらいかな。
10:30 さて、荷物をもう一度確認して。
10:40 ここは我慢だ(何か、価値の転換が起きた)。
10:50 まだまだ。
10:51 もう限界(耐えきれず、出発)。
10:52 エレベータをイライラしながら待つ。寄りによって最上階。
10:53 チェックアウト。フロントの丁寧な対応も、受け入れる精神的余力が無い。
10:54 ロビーから外を見る。何か白いモノが勢いよく舞っている。ちょっとフリーズ。
10:55 入場。

不必要に慌ただしくしただけ・・・。

-----
イベント自体は、サークル数で110程度。一般はかなり入ってます(ただ、旧会場より広いため、混んでると言うほどでもない)。
丁寧に作っているイベントだと感じたのと、サークルの本が規模に比してバリエーションがあるなあ。
会場は、床がやわらかなタイル張りで、大量の人が右往左往しても痛まなさそう。イベント向きかな(ホテルだと絨毯敷きのところがあるんで)。
照明が若干暗い感じなのと、スピーカの音質がいまいちだったくらい。まあ、気にするほどでは無いです。

ここのパンフは、おまけにオリジナルグッズを毎回つけているようですが、今回は過去の在庫を付けていました。
新作分のお金は、義援金にするそうです。
この形の義援金拠出方法は初めて見るなあ(募金箱もあり)。

----
と、一見平和そうなイベントでしたが、ここにも震災は大きな爪跡を残していました。
予定していた某飲料メーカの販売が、「震災による在庫不足」により中止。
えええっ、ヒグマの販売員(壜の王冠を爪でプシュッと)とか、北海道限定トドのエキス入りペ●シ、イクラ入りペ●シ(コカではイクラの深みが出せない、多分)や、....(気持ち悪くなってきたので、以下略)などのブラキストン線以南の人間には、想像も出来ないようなものを楽しみにしていたのに・・・。
話がちがーう、と暴れそうになるも我慢(大人だし)、1Fのコンビニ(地元資本)でPBのお茶と缶コーヒーを買って我慢しました。
posted by Oz at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44470632

この記事へのトラックバック