2011年03月29日

石浦神社(金沢市本多町3丁目)

P3060001t.jpg
祭神:大物主神、大山咋神、天照大神、菊理媛神

式内社論社(三輪神社)
伝天平年中(729〜748)、市内最古の神社
県社
加賀国石浦村始め七ヶ村の産土神
金沢城地の土地神
明治2年(1869)石浦神社と改称(それ以前は、石浦山王社或いは地主権現で別当寺があった)
明治13年(1880)、現在地に遷座

市内中心部に鎮座し、兼六園、金沢城のそば。
私的には、金沢の神社と言えばここかなあ。多分、私の中では神社というモノの基準。
まあ、金沢の神社の中で写真写りは、尾山神社の方が良いけど(ダークサイドは、○丸神社)。

ここの前の道は良く通るんだけど、久振りに参拝した。
子供のころはそばに住んでいたんで、よく来たんだけどなあ。
昔から変わった印象はない。いつ来ても懐かしい。
手水屋の上に謡曲の曲名が書かれてる。私が最初に通った小学校の校下にある公民館の謡曲教室が奉納してる。
(「校下」ってやっぱりIMEじゃ変換されないのか。昔、この単語が方言であることを知って、かなり驚いた事があった。)

おや、あの彫刻は何だろう。たまに来ると気付くものは色々有るもんだね。
posted by Oz at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44038892

この記事へのトラックバック