2011年03月27日

祇園神社(久留米市城南町)

P2200024t.jpg
祭神:素盞鳴尊(境内に素盞鳴尊神社と書かれた碑があるため、そうじゃないかと。)

貞観17年(875)創建か?
久留米三大祭礼の一つ祇園会が毎年行われたらしい。

即売会会場の久留米市民会館に一番近い神社。
鳥居をくぐって、10mほど進み、右に90度曲がって進むと拝殿正面となります。
境内に木がほとんどないため、外からでもよく見えます。
なかなか立派な拝殿。
境内を見渡すと、ん?何か違和感。
天保13年(1842)に造られた狛犬も大きくて立派・・・阿形の顔が半分ないけど・・・。
戦争中の爆撃で神社に被害が出た、との文が、切断面に彫り込まれています。
被害を受けたらしい狛犬は見たことが有りますが、こんなのは初めて見た。

P2200015t.jpg
境内は隣の保育所の施設も兼ねている様で、舗装された参道のギリギリまで遊具類が設置されています。
江戸期のものと思われる大きな水盤(使われてはいない)が、白い長方形のプランターと並んでたりと、ちょっと変わった光景になってます。
拝殿の中を除くと、中にはお神輿とか獅子頭が置かれ、ちょっと物置化してる。
まあ、お祓いとかに使われる神社ではないので、良いかも。
と、後ろを振り向くと参道脇にある、のほほんとした恐竜の遊具と目があった。
うーん、変な感じ。

ちょっと、ほのぼのした感じの神社でした。
あと、境内の恵比須像が怖い。
posted by Oz at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44014556

この記事へのトラックバック