2011年03月13日

忘備録

あったことと、思ったことを、自分の手の届く範囲内で書いてみる。
時間は適当。
地名とかは、故意に伏せます。その場所の情報を必要としている人が、検索でここに来ても役にたたないから。

03/11 15:00ちょっと前 会社で直前に終わった会議の議事録作成中、揺れる。
「停電とか嫌だなあ」と思いながらセーブ。
揺れがおさまらず、逆に強まるり、机に捉まってないと椅子がずれて行くように思える。
周りの人もパニックにはなって無いけど、「笑う」しかない状態。
あれ(数日前に来た、大き目の揺れ)が前震だったとは、とだけ思う。

ニュース速報、震源をどことしていたかは忘れたが、東北だった。
東北が震源なのに関東でもこの揺れとは。
実家に電話を入れるが、回線が繋がらず。
妹にメールを入れ、実家への伝言を頼む。届くのかなこれ?
それよりも、うちの中のブックタワー(・・・)とグラス類は無事か?

16:00 被害が続々と入ってくる。何だ?この津波警報の領域。
余震が続き、揺れてるんだか、自分がふらついてるんだか、どうだか良く分からない。
近くのビルが黒煙を上げている。
今度の日曜日と、その次のイベントは無くなったな。どこに遊びに行こう。

17:00 原発停止。まあ、そうだろうな。
鉄道情報を見る。今日は帰れないなあ。
ビルの下の道路を人の群れが、右へ左へ向かってる。
渋滞も始ってる。

地震の時に、休憩で下を見ていた同僚。疲れで揺れてるように思い、もう駄目だと思ったらしい。
気を取り直して、運河に目をやると、水面が尋常ではない波立ちだったと。
コンビニに行った同僚、「アイスならまだ沢山ありましたよ」

17:30 携帯が繋がり出したらしく、実家に連絡。
サークルの緊急連絡アドレスにも無事と送信。
携帯に登録しある友人にもメールしようと思うが、どうも不安定なんで、一斉送信で「無事」と流す。
ショートメール用のアドレスだと、相手の電話番号が他の受信者にも見えるかも。。。しまった。
覚悟を決めた人達が帰る。うちは歩く距離じゃない。明日の鉄道の復旧を信じつつ。

18:00 被害の状況報道を見る。うーん。
1月末に被災地付近を旅行した身にとっては、ちょっと最悪の想像をしてしまう。
揺れてから、即行動してないと多分厳しい。
近くのビルの火災はおさまっていた。

19:00 会社から非常用食料の供出あり。
お湯または水を入れると炊き込みご飯になるらしい。お湯は使えるが、ここは水でチャレンジ。出来るまで、1時間待ち。
被害状況を見ながら「千まで行きますかね?」と同僚に話されるが、あの波では。

20:00 お湯で作ればよかったと後悔。
ニュースを見る、コンビニの看板がそのまま流れて行く。笑うしかない(若干。ひきつった笑いだが)。
被災地辺りの即売会には、そこそこ参加して、そこそこ売っていて、顔の知ってるお客さんもいるんだよなあ。
原発に異常発生。・・・・。

22:00 地下鉄の一部が動き出す。
24:00 自宅へのパスが繋がるが、混雑を回避するため、動かず。
02:00 帰宅開始、会社で出た非常用の水を2本もらう。
思っていたよりも空いている電車で、ちょっと拍子抜け。
03:10 新宿着。1本ずらして、座って電車に乗る。各停のみだった。
03:35 新宿発。途中で半分眠りながら、せっかく書いた東北旅行での神社の話は、ここに出せないなあと思う(崩れかけた神社の話とか)。
05:10 途中、緊急地震速報で停車などあったが、なんとか自宅最寄駅に着く。
24時間スーパーにて食料調達。まだ、豊富にあった。
自宅は、何事も無かったかの如く異常なし。
うちのサークルのメンバーの無事は、まだ完全に確認出来ていないとの、メールが来ていた。
まあ、目覚めたころにはなんとかなってるのでは?と、思う自分に苦笑い。
posted by Oz at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43824229

この記事へのトラックバック