2011年01月11日

Dark Road

P1090013t.jpg
新幹線と特急で四国入り。
高知まで、そのまま行くものだと思っていたけど、参加者の1人が金刀比羅宮に行ったことがないとかで、初日は琴平まで。
事前に教えてほしい・・・でも、なんで私の乗車券だけ琴平止まり?
翌日は1人だけ別行動のため、1回分残っている(余りもの・・)18切符を渡され、これで行けと。
精神的に弱ってるんだから、いたわれよ。

で、初日は、普通に金毘羅さん観光。
実に物見遊山だねえ。
何時もなら、単独行動に移るところだけど、おとなしく団体行動。
まあ、取り立てて何もなし。

2日目、朝6時前に1人出発。
暗いねえ。
列車(1両だけど)のなかで、うとうとしているうちに阿波池田駅着。
50分ほど待ち時間があったので、駅の外に出る。
駅正面の道が、暗過ぎる。
どうも、普通の車道ではなく、車が進入禁止?の商店街の道の様だ。
車道でも十分な幅があるのに、街灯が無く、アーケードで被われているため、暗い。
進んで大丈夫か?と思いながら進む(慌ててiPodから"Dark Road"を選曲 )。
暗闇のなかで、数々の闘いや冒険をしながら、無事通り抜け。

その先の急坂を上り、吉野川の川岸へ。
朝焼けが綺麗だ。
吉野川自体には、また急な坂を下るため、上から見下ろして、駅へ戻る。
駅に戻るわずかな時間で、すっかり周りは明るくなり、暗い道も消え去っていた。

列車も吉野川沿いに進む。エメラルドグリーンの川面が綺麗。
急な山から直ぐ深い渓谷になるため、家とか建物が崖にせり出して作ってある。
すごいなあ。住みたくないけど。
途中、運転士さんが反対側の運転台に移動して運転する区間があった。
スイッチバックか。いや、特に感想はない。

で、各停で移動すると、列車行き違いや通過待ちのため、やたらと長い時間待たされる。
北の方の列車と違い、ドアの開け閉めが自分で出来ないから、かなり寒い。
ズボンの下にも、ヒートテックがほしい。

高知到着後、高知八幡宮を経由して即売会会場へ。

写真:即売会場(7F)
posted by Oz at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42510399

この記事へのトラックバック