2010年12月29日

20101204 金沢能楽美術館(金沢市)

まだ、若干時間がある。
で、大急ぎで入館。
時間の無い時は、展示室が1室のみって良いね(・・・)。
今回の展示は、「新・古能面展」(新作面と古い面の展示)。
もし、私の好みの面があった場合、短時間だけしか見られないのは厳しいな。

杞憂。
面は多いが、女面少ない。ベシミとかいかついの多い。

気付いたのは、ここのガラスケースは奥行きがあり、衣装を展示する様に作られている気がする。
面だけの展示では、遠すぎる。
前に出す台も2つほど出てますが、これだと展示位置が低すぎる。

まあ、今回は私には向かなかったので、心おきなく帰れました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42304596

この記事へのトラックバック