2010年12月29日

20101204 石川近代文学館(金沢市)

金沢市の中心部にある、旧制第四高等学校の建物を改装した文学館(建物は重文)。
昔は、県立博物館だったはず。
博物館時代に、市内某神社で実際に使われた藁人形が展示されていたのを見たことがある(使用時の写真だったかも)。
ここの唯一の思い出。小学生のころだったなあ。
この建物に入るのはそれ以来。

今回は、時間の都合上、常設展はパス。
特別展示の「画業三十周年記念 幻想迷宮―波津彬子原画展―」を見た。
改修されたとはいえ、明治期の建物と波津先生の原画。ベストマッチではないだろうか。
原画は、かなりの毎数が展示され、入替えもあるようだから、力が入っている。
さすがに綺麗だね。
見ていて飽きない。
カラー原画はため息もの。

展示もガラスケース内ではあるものの、ほどほどの近さで筆遣いが見えるよう。
解説も短いながらポイントを押さえていたように思う。
ただ、ストーリーを持たせて展示してある原稿が、進行方向(左から右)と逆の方向性を持っているのがねえ。
漫画であるから、ちょっと難しいか。
イラスト類は特に問題もなく。

時間が余りなかったので、後ろ髪を引かれつつ、観賞を終え、「ミュージアムショップ」へ・・・って、書いてあるんだが、「コーナー」程度。
でも、ポストカードとミニカレンダーを購入。
満足。
この記事へのコメント
今、『雨柳堂夢咄』がyahooコミックスで無料配信されてますね。こういう良い漫画は漫喫には中々おいてないので、もう買うしかないなーと。
Posted by 天羽 at 2010年12月30日 10:30
そうですねえ。
波津先生の本は、書店で割と見るだけ、まだ、ましで。
ということで、今日は宜しく
後10分で会場着
Posted by Oz at 2010年12月31日 08:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42304582

この記事へのトラックバック