2010年12月20日

20100924 若宮八幡神社(小松市鵜川町)

P9250209t.jpg
祭神:応神天皇
   神功皇后
   比淘蜷_

神饌幣帛料供進神社
(村社くらいにはなってそう)
明暦2年と彫られた祠あり。

ここも、山裾の若干高くなった位置にあります。集落の隅ではありますが。
石の馬が2頭、色合いが同じ石ですが、作風が違います。
1頭は、大きな馬で、舎人風の仕丁3人を従えています(明治40年)。
もう1頭は、それより小柄で幼い感じ(仔馬なのか?、作風なのか?)。
狛犬も特徴的。
水盤(明治17年)も、龍を正面に彫りこんだ立派なもの。

でもね、南面していた社殿を再建した時に、道路に向く様に西面させたせいか、天保15年の鳥居と水盤が境内隅にポツンと。
鳥居の石の扁額は、周りに龍が彫ってあって綺麗なんだよ〜(扁額は崩れが余りないので、早くて明治だと思う)。
それに、新しい正面には、大きな玉に乗った大きな狛犬が1体。
その対として、大きな石の玉。うーん、新しい物を作っても、もう少し小形にしてほしい。
posted by Oz at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42167274

この記事へのトラックバック