2010年12月20日

20100924 小山神社(小松市遊泉寺町)

P9250147t.jpg祭神:大山咋神

村社、神饌幣帛料供進神社

立明寺町の八幡神社から南に下り、仏大寺川を越えたほぼ反対側に鎮座しています。
この集落のほぼ中心ですかね。
この日、参拝した神社では、最も大きい所。
もとは、、仏大寺川に臨んで鎮座していましたが(大山神社と称していた)、明治39年、高台となったこの地に鎮座し、他社を合祀しました。
遊泉寺銅山がここにはありましたので、大山咋神らしい場所ですかね。
大山咋神の鎮座が先か、銅山発見が先は分かりませんが。
ここも、背後に森が広がっています。

しかし、馬の多い所だな。
大きな馬の像(石製、銅製)が2頭、小振りのもの(銅製)が1頭、絵馬の馬が2つ。
絵馬は良いとして、像が3頭は多い。
狛犬も、多めなのですが、なんだか変わった物が多い。ゾクッとする壊れ方の物も。
あと、社殿の位置に違和感を感じました。
参道正面に社殿(北面)があるのですが、向かって右側にはかつて社があったと思われる礎石があります。
左側は大きく開けた空間。
右側が本来の社殿では?とも思うのですが。
posted by Oz at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42167260

この記事へのトラックバック