2010年12月20日

20100924 徳橋神社(小松市埴田町)

P9250300t.jpg
祭神:倉稲魂命
   大田神
   大宮女神
   伊弉那岐神
   伊弉那美神
   菊理媛神
   
(村社くらいにはなってそう)
弘仁14年に国府が近くに移転してきてからは、国司の崇敬も篤かったようだ。
神社の社叢は、市の文化財に指定されている。

山城の国より稲荷明神の分霊を勧請し小祠を建て、稲荷社と言っていたが、明神社を合祀、明治に入り、宇野神社、白山神社を合祀して、現社名となった。
(祭神の最初の3柱は稲荷社由来、残り3柱は白山神社由来)

神社前に立つと、荒木田町の白山神社が見えます。
向こうの杜が開放的とすると、こちらは鬱蒼として暗い感じ。
まだ、暑い時期ですが、冷気さえ流れて来ます。
巨木は無いのですが、説明板にあるように暖帯林の林層がよく出ています。

参道には、ほぼ同じ大きさの水盤が左右に1つづつ(合祀した神社の物?)。
正面の彫が、「牡丹と狛犬」、「梅鉢紋」となっていて、かなり眼を引きます。
(鳥居に架かる石製の扁額も周りに龍が彫ってあり、なかなかのもの)

ここも雰囲気的にいいなあ。
ああ、稲荷ですが、稲荷っぽさは一切ないです。
posted by Oz at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42167233

この記事へのトラックバック