2010年12月08日

20100723 風に吹かれる草のように。

久し振りに仕事抜きの北海道。毎月行ってるから、うんざりしてるけど。
期限切れ間近のマイレージがあったんで、うちの人達にスケジュールを適当に組んでもらう。
 函館->八雲->札幌*->旭川*->稚内
 (*で即売会。レースは終わったので無理に入れなくても)
列車の時刻が決められ、各停の比率も高い。
抗議する気力もなく、受容。

ただし、途中で八雲町に寄る理由が見えない。
「そんな神様いましたよね。」
探偵じゃ?
疑問も挟まず、受入。

-----
函館ではそんなに長く時間を取ってなかったこともあり、函館駅周辺を目的も無く歩く。
見つけた和菓子店に入り、「べこもち」と「きんつば」をお昼ご飯用に買う。
「べこもち」は褐色の木葉型のもち。味は昔風過ぎて好みに合わず。
前に白と黒のまだらのを見たことがあるけど、地域によって違うのかも。
「きんつば」は丸型。美味しかった(本当は四角型の角のとこ好き)。

-----
函館から八雲は各停で移動。
ある駅で止まった時、車窓から見えたもの。
シンプルなプラットホーム、小さな駅舎。
駅前には商店の1つも無いように見え・・・「XXX毛皮店」との看板。
まあ、営業してるふうではないし、していても小売りではないだろうが。
北海道っぽいなあ。
posted by Oz at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42020017

この記事へのトラックバック