2010年06月15日

20100523 富山市民プラザ(2Fアトリウム)(富山市)

国際会議場と同じ通りの数軒先。
これも、美術館ではないのですが、アートスペース的な使い方なんで。
今回の展示は「笹津・射水線鉄道展」(地元の鉄道愛好団体が主催)。
うーん、なんでこんなの見てんだろ。俺。

即売会参加前に気づいていたんで、如何如何と思いながら、うちのメーリングリストに報告。
特定の個人アドレスではなく、MLに出すことにより、会員の多くを道ずれに。
うちの鉄から反応が来たよ。
1報で概略、2報で路線の詳細、3報で見どころ。
うーん、誰も望まんない知識だと、発信してる本人もわかっているだろうに。

ちっ、ちょっと興味持っちまった。
両線とも廃止後、35年目と30年目。
展示は、モノクロ写真主体ですが、モニターにて、当時の映像も上映してます。
ラジカセ(CDに焼いてあるのかな、カセットっぽい気もする)からは、当時の車内の音が流れています(多分)。
あと、Nゲージ。

写真は面白いね。
いろんな表情があるよ。
古き日本の・・・・、いや、今でも地方いけばざらにあるけど。

中は人が結構いました。
Nゲージとモニター前に集中してるけど。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38934559

この記事へのトラックバック