2010年06月06日

20100508 石切夕張神社跡

P5080082t.jpgチクショウ、やられたよ。
知合いからのお勧め神社だったので、迂闊にも信じた。

国道から朱塗りの橋(錆びてるが)を渡ると、かなりの角度の上り坂。さらに200段は有ろうかという石段。
意を決して、上り始める。
いや、違和感は有った。なぜ社標、鳥居がない?
上りきった先には、整地された空間が。
ええっと、ほぼランナーズハイ状態なので、感動さえ覚える。
すげえ、なにもないよ。

もう少し奥に進むと、階段のある小高い土山が見えます。
本殿跡かと思い近づいてみると、上の方に階段は有りますが、下の方が削りとられるように整地されています。
念入り。

死せる神社と言うのは、いくつか見たことが有りますが、これだけの規模の神社では初めて見るなあ。
経済的に破綻するとはこういうことか。資本主義怖えぇ。
(手入れさえ満足にできないなか、残しとくのは危ないからな。)

雨がそこそこ降る中、傘も持たずに出かけたけど、結果オーライ。雨が心地いいよ。

旧石切夕張神社は、東大阪の石切剣箭神社より勧請。

-----
いや、この念入りさは、語るもおぞましきアレを封印したあとなんじゃないか?
この地で起きた光と闇の戦いの一端とすれば、全てが腑に落ちる。
posted by Oz at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38793593

この記事へのトラックバック