2010年06月06日

20100508 午前中は生きていた

P5080066t.jpg追分駅着。
駅正面からまっつぐ道が伸びてるよ。
もとは、交通の要所だったようで、SLのモニュメントが駅前にあった。
まっすぐ伸びる道を進むと橋があり、その欄干もSLの部品イメージ。
ほかにタイル画もあった。
駅の写真を撮り、ミッション終了。

まだ、一時間以上あるよ。
駅へ戻り、歩行者・自転車専用の跨線橋”センターブリッジ”を渡る。
"ゆめ〜"としないだけ好感がもてる。
駅の向う側には、鹿公園と鉄道資料館。
鉄道資料館の方は、連絡しておくと鍵を開けてもらえて、案内してくれるそうだ。
そこまでしてもうほどの興味はないんで、外からちょっとだけ見る。
客車と貨車が見られるだけ。

で、鹿公園。
日本初の健康保安林だそうだ。
明治の頃、鉄道会社が社員の健康維持のため、保全したそうで、本来なら開発する側だろうに、先見の明があるね。
とりあえず、中の動物ハウスに行ってみる。
鶏が5種くらいとウサギが1羽に孔雀の番い。
名古屋コーチンでかい。
大きさが色々あるんだね。

エゾシカは、小さな丘が柵で囲ってあって、その中にいる。
ガンは飛ばすが、餌とか出さないと、相手にしてくれない。割と近くでは見られますが。
エゾシカは、前に冬の根室線の車内から、野生の群れを見たことがある。
その時の印象が強くて、雪がないと味気ない。

池もあった。
いるのは、・・・・鯉か。ちょっと落胆。
そうこうしてるうちに、電車の時刻になったので、駅に向かう。
公園の奥には、キタキツネの小路とかあるんだけど、パス。

乗った電車、イベントに行きそうな人も幾人かいる。
でも、がらがらだぞ。
開催時刻に間に合う唯一の各停なのに。

夕張に近づくと、所々まだ雪が見える。

posted by Oz at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38792482

この記事へのトラックバック