2010年05月28日

20100429 COMIC1☆4(江東区)

「こみっくいち」って読むんだ・・・。当日、駅からビッグサイトに向かう途中、誘導スタッフのアナウンスを聞いて初めて知った。
いやー、やってることは知っていたんだけど、参加対象とは考えていなかったんで、そのへんさっぱり。
年1回で4回目、事務と運営はさすがにあのスタッフ達。なんの不安も感じないわ。
ただ、当日の雰囲気は、行くまで分からず。うちの関係サークルは、どこも参加したことないんだもの。
逆にどんな様子か、見てこいと言われる。

男性向けが強い即売会へのサークル参加は、レヴォFinal以来(一般では何度かある。コミケの3日目東館とかも)。
レヴォFinal自体は、参加して良かったとは思うんだ。余力を持て終わらせるすごさを知ったイベントであった。
まあ、別の部分で少し心に引っかかるものがね。

普通のサークルもいる。良かった。
向かいの島、後ろの島は男性向けだけど。
2500募集で、3300を超える申込み。ホール1つ追加して対応だよ。すごいなあ。
さすがにスタッフのスペックが違うわ。
配置は、真中に背を向ける方向だったんで、一般入場開始時の状態は良く見えず。音だけだと、すごそうだった。

お昼過ぎまでスペース内で、うだうだして、私も出陣。
会場内を見ながら、日ごろ疎遠な男性向けの知合い達に挨拶。
混雑がひどいようなら、途中で回るのをやめようと思いっていた。
あっ。移動しやすい。1ホール分拡大して3ホール体制なんで、通路広め。
柱のあるとこなんか異常な広さ。普通じゃ考えられないな。
(まあ、午後だと戦闘は一段落していたのかもしれない。)

挨拶回りは順調にこなせた。
「なんで、ここにいるの?」みたいな反応ばかりだったが。
移動の合間にお買いもの。
昔買っていたサークルさんが結構今でもやってる。嬉しいね。
貰いものと買ったもので、それなりの冊数になった。
だた、数年前のコミケでしたような、制御の効かない買い方はしなかったなあ。
コミケだとあの雰囲気と混雑に、頭が侵されるんだろうな、と思う。

総じて、事務処理、当日の雰囲気ともなかなか良かったのではないでしょうか。
これなら今後出てもいいかも。

・・・でだ、閉会数分前、荷物をバックに詰め、閉会宣言を待っていると、男の方がうちの前に立ち、「新刊ありますか?」と。
えっ?うちに新刊を求める客?おかしいだろ、それは。・・・この反応の方がおかしいが。
「うちですか?お隣のサークルさんでは?」(ひどい返答だな。この時、お隣は宅急便を出しにいっていて留守)
「ええ、"え20"です。」
「うちは"え20b"ですが?」
「"a"か"b"かメモしてないんで」
「サークル名がFlight of ACADEMY & B.V.と言うのですが・・・」
「カットを見て来ているので、サークル名までは・・・」
・・・カットを見せて、お引取り頂く・・・。いろんな人がいるなあ。きっちりサークルチェックしてあるようなのに、なんでこんなことに?
俺も不機嫌にならず、良く対応したな、成長したよ。偉いよ。
まあ、会話が成り立つだけ、レヴォの時よりよりましだったし。
posted by Oz at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38639965

この記事へのトラックバック