2010年05月25日

20100425 新井八幡宮(太田市新井町)

P4250278t.jpg祭神: 誉田別命
   比淘蜷_
   息長帯姫命

創建は寿永年間。新田宗本家三代義房が岩清水八幡宮より勧請したと伝えられるそうです。
また、ここの獅子舞は、太田市の重要無形文化財に指定されています。

拝殿は、装飾等まるでないものの重量感のある作りで質実剛健。武家の建物と言う感じで見ごたえがあります。
本殿は一転して、朱塗りで、こちらも重量感のあるもの。
ただし、鉄骨の枠で囲まれてます。改修中というよりは、支えとして囲った感じ。
で、朱塗りの本殿には、色彩艶やかな細工が施されていて、はっとさせます。

あー、八重桜が1本満開。
桜はもう1本あるけど、こちらは散り終わり。
ただ、風が吹く度に花びらが散って、身にまとわりついてきます。
境内でうだうだ過ごしていたい神社でした。

posted by Oz at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38482736

この記事へのトラックバック