2010年05月06日

20100411 佇桜路記

会場併設で、無料の「京都伝統産業ふれあい館」があります。
職人さんの実演や、各種伝統産業の展示が見られ、時々、友禅のこれは!!ってのが出てますが、今回は無し。
でも、職人さん作業を見るの楽しい。

午後からは舞妓さんが来てました。
うーん、昼間明るいところで見るもんじゃないなあ。

ミュージアムショップも色々良いものそろっていて飽きない。

他に、日図デザイン博物館も併設。
この日は「世界の国の花」創作図案展をやってました。
丸いキャンバスに1つの国を花によってイメージするというもの。
日本をデザインしたものにやはり引かれるかな。
まあ、黒地をベースにしたものはどれも引き込まれそうだったけど。

今回の即売会会場である大会議室に行くまでに小会議室がいくつかあった。
空調の関係か、どこも扉を開けっ放しにしていて、中が見える。
演劇集団の朗読練習みたいなのを横眼で見つつ歩いていると、居合道の練習もしていた。
室内で刀(模造だろうが)抜いて。。。面白いなあ。

・・・・・現実逃避して、遊んでたわけじゃないから・・・
posted by Oz at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37631022

この記事へのトラックバック