2010年05月06日

20100411 行桜路記

朝、京都駅で知合いと待ち合わせ。
前日の飲み会は、微妙な空気に支配され、2次会で解散したんで、体調割と良い。
知合いは美術館を巡るので、みやこめっせまで同行することに。

京都駅から塩小路を東へ、鴨川を渡り川端通を北上、五条を右に、大和大路に入り、摩利支天、恵美須神社を参拝。
更に北へ四条から花見小路に入り、脇道をジグザグに移動して、東大路に抜ける。
三条を渡って満足稲荷参拝で、仁王門通りを曲がって疏水にぶつかる。
「桜が散ってて綺麗」。
みやこめっせ前にて別れる。

途中、「なんだか、この道覚えがある。デジャヴ。」と言われた。
・・・・10年前にも同じ道を通って、同ところを参拝、ある地域で伏せ字の会話をしたのも同じ。
本を背負った私が「重いから歩くの嫌だ」っていうのを無視されたのも同じ。別かれるところも同じ。
・・・売り物も大半同じ。ふぅ。
posted by Oz at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37630918

この記事へのトラックバック