2010年05月02日

20100322 もちろん、一目見たときから、只の納豆キャラではないことぐらい気づいていましたとも

水戸市内を散策。
郷土本を扱っていた書店が廃業したようで、アニメイトなってたのがショックかな。

そのまま、水戸駅まで歩いていると、目前に光圀公が現れ、カタログの別冊ガイドの中にあった「ミッティー」(藁苞納豆を3等身にして、顔と手足をつけ、お腹の部分の藁が割れて、納豆がデローンと出ているラブリーキャラ)を、きちXXキャラ扱いした事について糺されました。
ミッティーのお腹が割れているのは、「陰腹」を切っているためで、私たちの行動の愚かさを諭しているのです(陰腹、縦に切ってどうするよ、との意見もあり)。
その表情は自分の行動に満足して死んでいく、武士の生きざまを表しています。
さすがは水戸。

で、その後、うちのMLとかの意見で、その時の記憶がはっきりしてきました。
光圀公は巨乳美少女で、反論されるとツンになる方でした。

・・・街宣車に乗っていた記憶もあるのだが。
posted by Oz at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37514958

この記事へのトラックバック