2010年05月02日

20100322 コみケッとスペシャル 5 2日目(水戸市)

津山、アキバ、荒川沖と日本犯罪史の聖地を経由して到着。
俺も、水戸で世間を新刊震撼させてやるぜ。

うちの売り子をする人と落ちあって入場(まあ、うちの売上げ上の主力を作ってる人だが)。
イベント自体は、元々はデパートだったビルを会場としているため、快適とは言いがたい。
それでも、空間として面白いな。
ブランド名のディスプレイが一部そのままでなんで、壁際のサークルの上に「ア○エスb」とか。。。
元試着室が後ろにあったり、妙な所に鏡があったり。
男子トイレの貧弱さもなあ。男子の小さい方に行列があるのは、初めてみた。

一般はさすがに多い。
開場後は、上位階のアダルト、企業への初期集中がひどい様で、うちのいる4Fは開始後、30分近くガラガラ。
上が軒並みソルドアウトすると、その混雑が下がってくる感じ。
通路は、直線が短いわりに人の流れが早く、普通コミケまで来ない地元の子達が、きてたりするんで、前の流れが読めない。
導線が難しいな。
まあ、それでも地元企業とのコラボ商品、街中での企画なんかもあって、「一過性の」お祭りとしては、面白かった気はする。

ちょっと、知りたいなあと思ったのは、地元のサークルの比率ってどのくらいだったんだろう?
地元の子供達のサークルが出るには参加費高すぎるからなぁ。その辺考量してあげてもいい気がする。

水戸って、即売会無いんだよね。地元主催も企業系も。
適当な会場が無いからなんだけど(多分、使用規定と値段)、そんなところで、こんなことしてもなあと思う。
開催意図が全然違うんで、比べるのもなんですが、次にイベントを企画してる子たちが、各サークルにアンケートを配っていた津山の方が好きだ。
リゾコミの時のように、使用した会場をどこかが継続的に使用するようになれば良いんだけど。

-----

イベント中、見たこと1

うちの隣は、COMITIA実行委員会の中村さんだった。
チラシを配りつつ、若い子に「COMITIAって知ってる?」と聞いて微妙な反応をされていた。
・・・茨城辺りまで来ると、知名度落ちるんだな。ジャンルのこともあるんだろうが。
しかし、片一方の隣も、若くない男性のサークルだったし、ここは本当にジャンルコード110か?(ジャンル全体がアレだったが)

-----

イベント中、見たこと2

で、うちにあったイデオン本を手に取った、とある一般参加者。
「イデオンて、良く知らないんだけど、打ち切りになったんだよね」
・・・まあね。
「聞いた話では、その後、学生運動のような盛り上がりがあって、映画化されたんだよね」
・・・???
「当時はエヴァのように、すごい人気があって・・・」
ねぇよ。

うちの売り子の女性が対応したんだけど、「委託なんで詳しく分からない」との一点張りで逃げ切り。
私は後ろの席で、笑いをこらえつつ、「相槌うって盛り上げろ」と思ったり。
立ち去るまでに、「学生運動」って何度も繰り返されてもなあ。

で、FCのMLにこの件を投下。
学生運動と表現したのは、アレの事だよね(内容、経緯はまるで違うが)・・・と共通認識があるんで、ちょっと話題にした後、あの時分は中学生だった・・・から、子持ちの人たちが、中学生の子供に携帯電話を持たせるかどうかで、話がさらに盛り上がるという事態に。
posted by Oz at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37514925

この記事へのトラックバック