2010年02月17日

20100124 Comic ex-● 和●山 Vol.71

(忘れたころにこのページへのアクセスがあるんで、不思議に思っていたんだが、どうも某掲示板で盛り上がると増えるらしいとのことなんで、検索避けで伏字にしてみた。一回、伏字無しで上がってるから、効果ないかなぁ。14-APR-2011)

-----
「我々が和●山のイベントにおいて、第一になさねばならぬのは、レーベンスラウムの確保ある。(Oz,2010)」

和●山の即売会は10年ぶりくらい。この即売会自体は初参加(欠席が1回ある)。
会場は、以前出たことのある会場、街の感じも変わらないなあ。
大阪等で割とチラシを見かけ、毎月即売会を開催されてる(もう、このイベントしかないのだが)。
同人系ショップも作られていて、頑張ってるなあと、遠目に見ていた。

さて、今回のサークル案内上のスペース配置を見ると、70くらい。
10年前に出たピーク時と比べると・・・ですが、このくらいで良く留めたなぁ。
っと思っていたのですが、実際に割当られたサークルは40。まあ、こんなもんだろうな。
毎月開催ってこともあって、机の配置をパターン化してるのかも。
しかし、欠席率が異様に高いのは気になるな。

それでも、スタッフは礼儀正しいし(・・・正しすぎるくらい)、企画類も考えてえる。

カタログの全66ページ中、サークルカット分3ページ。
普通だと、それはなあ・・・と思うところですが、なんか読める企画ページ多くて違和感少なめ。
うまい編集・企画力だなと思った。
値段はスペース比でちょっと高めながら、サークルは希望購入制なんで、その辺のバランスもいい感じ。

ただ、サークルのバックヤードが狭すぎる(椅子がちょい大き目)。
こちらと後ろ側のサークルに人が坐るとスペース内の通路が一杯。
真ん中の机に配置されると、机の下を通るしかなくなる。
机5本で1列の島を4本1列にして真ん中に少し通路をつければ、かなり改善するだろうに。壁配置として1本おけば減スペースも、それほど多くならないと思うが。
それ以前に、サークル配置のない机もあるんだし。

以下、愚痴。
背後の狭さのため、椅子の背が後ろの人とくっついた状態だった。
この後ろの方が、なんだか良く動く人で、椅子に振動がかなり伝わる。
いやーな予感はしたんだけど、
 a. 椅子を前にずらして、間隔を開ける。
 b. 暫く待つ。
 c. 椅子に振動が伝わる。
a〜cをn回繰り返す。
もう限界。坐ることを放棄して立つ。

スケブを描いてるようだけど、後ろに下げてくる理由がわからないんで、注意する前に様子を見てみる。
ペンを変えるのに前屈みになった後、背もたれに勢い良く戻る。
これは・・・・。

で、私が立ったんで障害のなくなった椅子は、じわじわ後退。
・・・・面白くなってきた。
暫く、立っていたんだけど、13時を回り、うちのお隣は欠席のようだったんで、隣の椅子を使わせてもらう。(いないとはいえ、人の領域なんでちょっと後ろめたい)
いつもなら途中で抜け出して遊びに行くんだけど、どこまで後退するのかが気がかりで、それどころではない。
順調にずれていくものの、さすがに完全に机の下に入った私の椅子から15センチまでで、膠着状態に。

しかし、この狭い空間で、組んだ足の上で、スケブ描けることに、疑問を持たないんだろうか?

スケブ描きも終わったようで、これまでかと、結局、残念がる私がいた。

しかし、ここから急転直下、コスプレの衣装直しのため、椅子を大きく後退。
こちら側の椅子まで、3センチに。
おお、すごい。
やはり、机と椅子の間に立って作業できることに疑問を持たない感覚どうしたものだろう?
10分ほどこの状態。期待は高まるが、ここまでで、ゲームオーバー。
机の下をくぐって遊びに行かれました。椅子はそのままで。
・・・・・さすがに、苦笑いするしかなかった。

その時、この方のお隣(お友達の様だ)が、気づいて椅子を引いてくれたんで、無事自スペースに帰還。
実は、朝スペースに入った時もこんな感じで、椅子を引き出せなくて困ってる私に気づいたこの人が椅子を引いてくれた。

その他にも、後ろに通路があるという認識が欠落してるような人が見えた。
和歌山の知ってるサークルが地元を敬遠するの分かるわ。

・・・前週は、スペース前で苦しみ、今週は後ろで苦しむとは。
来週は横か?上だったりするかも。
posted by Oz at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 即売会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35355513

この記事へのトラックバック